学校でのいじめが原因で子供が自殺をするというようなショックなニュースは後を絶ちません。
いじめが、子供が自ら命を絶たなければならない状況だったと思うと複雑な気持ちになります。

今回は、少しでもいじめが少なくなればという思いで記事を書いています。
内容はいじめの防止と解決についてですが、いじめが起きる現場で働いている学校の先生たちの多くは、いじめの防止と解決の違いを理解しておられないのではないかと思っています。

今回は、いじめの防止策について書きたいと思います。

いじめはなぜ起きるのか

いじめの防止とは、いじめが起きないように対策をすることです。
いじめの解決との大きな違いは、解決の場合はいじめが起きた後の対策だという点です。

いじめが起きていない状況と起きてからの状況では当然対策の方法も違うのですが、いじめの防止に関しては、『いじめは起きるものだ』という前提に立っていないと対策を行うことはできません。

子供が集まるといじめは起きる

子供が集まるといじめは起きます。
絶対に起きるとは言い切れませんが、多くの人が子供の頃を振り返ってみてもいじめに合った、人をいじめた、いじめを見た、という体験があると思います。
多くの人の実体験を集めるだけでも、かなりの確率でいじめが起きるということはわかると思います。

ではなぜいじめが起きるのかというと、人間の脳の発達は、本能よりも理性の部分の方が遅く、心の中でいじめにつながる感情が生まれても、その感情が行動化することを抑制することが難しいからです。

いじめにつながる感情とは、最初からいじめをしようという思いではありません。
そもそも多くの子供がいじめを始めようと思ったという自覚はないはずです。
この点は、いじめというものを考える上で重要なポイントです。

いじめにつながる感情とは、怒り、嫉妬、苛立ち、不満、疑念、偏見などです。
これらの感情が生じた時、行動を抑制することができれば、いじめにつながる出来事は生まれないのですが、まだ心が未熟な子供たちは上記のような感情を正当化して他人を何らかの行動で攻撃してしまいます。

その行動は、からかう、バカにする、陰口をいう、嫌がらせをする、文句を言うなどです。
これが、いじめの発端になっていることが多いのです。

感情を正当化した行動がエスカレートする

いじめは、上記のような行動がエスカレートしていった結果です。
自分の中に生じた感情を正当化して、相手に直接、または間接的に攻撃を加えた時、相手の反応の仕方や自分の行動に賛同する人の存在などが影響していじめが生まれるのです。

そのため、いじめている人は、その発端がいじめようという意思ではなく、何なかの負の感情であり、さらにそれを正当化しているためにいじめを始めたという自覚がないのです。
この点もいじめがエスカレートする理由です。

『いじめる』という行為は、意思ではなく感情によって生まれるのです。
このことを前提にいじめを防止する対策を立てなければ、いじめの発生は防ぐことはできません。

いじめを未然に防ぐための対策

『いじめる』という行為は感情的な行為です。
そして、人間の脳は、子供自体には感情を行動化することを抑制する働きが十分には成長していません。
そのため、子供たちの間で負の感情が生まれることによって、いじめが生じる可能性があるのです。

学校とは、子供たちが集まっている以上、いじめが起きる火種を持った集団に先生が関わらなければならないという環境なのです。
その中で、いじめを防止するためには以下の対策が必要となります。

いじめ防止のために必要なこと

いじめの防止対策
  • いじめは起きる可能性があるものであるということを子供たちが学ぶ
  • 子供たちがいじめがどのようにして生まれるかを理解する
  • 子供たちの間で葛藤が生まれた時の対応を指導する
  • 先生たちが感情を上手に行動化するお手本となる
  • 先生が子供の話に耳を傾け、子供たちの間で生まれる葛藤を見過ごさない
  • 子供たちの間で葛藤が生じたら、解決するまで適切に関与する

人間の心は、いじめが起きる要素は持っています。
しかし、それがいじめへと発展してしまうのは、いじめが起きる可能性に目を向けない姿勢です。

いじめを防止するには、雨が降る可能性に対して傘を用意しておくように、いつかは確実に起こりうるものだという認識のもと、具体的な取り組みを継続していくことです。
いじめは、放っておけば確実に起きるものだという前提に立てば、それに見合った対策も具体的になります。

子供たちが集まれば、その中で何らかのトラブルはあります。
それがいじめに発展するのではなく、社会に出て多くの人と関わって生活していく上での学びになるような環境を作ってほしいと思います。
それがいじめの防止にもつながっていくのではないでしょうか。


こんな記事も読まれています

カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ