ネット依存症になったらカウンセリングへ

スマホ依存がネット依存を拡大している

インターネットが普及し、スマホやアイパッドなど屋外でも気軽にネットに繋がる
ことができる世の中になっていて非常に便利な半面、ネットに依存して生活習慣が
乱れている人もいます。

カウンセリングでは、ネット依存で相談に来られる方もおられます。
自分がネット依存症であるという自覚を持って来られる方もいれば、ひきこもりや
買い物依存、不登校などの問題の背景にネット依存が隠れているケースもあります。

ネット依存症は病気ですが、病院で薬を飲んだからと言って改善されるわけでは
ありません。
依存症全般に言えることですが、日常生活の習慣に異常性がある病気なので、習慣
を変えて良い習慣を定着させることが大切です。

 

ネット依存3つの原因

ネット依存の原因 その1 知識 ・情報への依存

人間には、物事について詳しく知りたいという知識欲があり、インターネットは簡単
に知識や情報を得られるためにそれに依存しやすいのです。
ネット上の知識や情報は、その根拠が明確でないために不確かなものも多いですが、
本を買って読むよりもお手軽であるため、欲求が満たしやすいのです。

ネット依存の原因 その2 他人とつながりたい欲求

人の持っている強い欲求の1つが、誰かと仲間になりたいという所属、愛情の欲求です。
フェイスブックやツイッター、ラインなどのSNSは、ネット上でその欲求を満たして
くれます。
また、その満たされたものを失いたくないという思いも同時に発生するため、止められ
なくなるのです。
これも人がネットに依存する理由の一つです。

ネット依存の原因 その3 ネットゲームと射幸心

人間の心理には射幸心というものがあります。
これは幸せを得たいという心理なのですが、実際に幸せを得た時の心理ではなく、幸せ
を想像する、願う気持ちなので、ネットゲームの中でキャラクターやアイテムを当てる
ことができるという仕組みに射幸心が刺激されてネットゲームに依存してしまうのです。

主に上記のような3つの原因がネット依存を拡大させています。

 

ネット依存症の原因を見極め改善をめざすカウンセリング

カウンセリングでは、ネット依存症で相談に来られた方がネットに依存しているのは、
上記のどのような理由なのか、依存している理由は一つなのか、それともいくつの
原因が重なっているのかということを話を聴きながら分析します。

ただ、依存症は話を聴くだけのカウンセリングでは改善しないため、聴いた内容を
もとに具体的な生活習慣改善の取り組みを提案させていただきます。
日常の取り組みと自己洞察、習慣の確認のためのカウンセリングという同時進行で
ネット依存症を改善していきます。

そのため、ご家族の協力が必要となる場合も多いですので、ネット依存症の改善は
関わる人それぞれが改善のために取り組んでいく必要があるとお考え下さい。

カウンセラーは、専門的な観点から必要なお話を聴き、改善のために必要なことを
見極めアドバイスをさせていただきますので、ご本人とご家族の方はしっかりと
習慣の改善に取り組んでいただきたいと思います。

ネット依存をはじめ、依存症の方は、依存行動により脳の働きが依存に繋がる働き
になっているので、反省や我慢だけでは改善するのは難しいと言えます。
カウンセリングという形で専門家のサポートを受けながら改善に取り組んで下さい。

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約