親子関係について考えたい方へ

親子関係の悩みを抱えていて、それが大人になってからの人生にも影響している人も
たくさんおられます。

自分の生き方への影響

それは、親子関係にはっきりと問題があったと自覚できるエピソードがあり、その
影響で大きな葛藤を抱えることになったという場合だけはなく、親が子供にしっかり
と愛情を持って接していたにも関わらず、何かしらのわだかまりや固定概念が作られ、
仕事や人間関係に影響しているということは少なくないのです。

人間の性格には人格という部分があり、その人格形成に一番影響を与えているのが
親子関係です。
私たちは、物心がつく前から、自分という人間の思考や行動のパターンともなる人格
の形成段階で親の影響を受け続けているので、良くも悪くも無意識的な思考や行動に
強い癖がついています。
その癖が、生きていく上で生きやすさにつながるならいいのですが、場合によっては
生き苦しさにつながる場合もあります。

 

親子関係による息苦しさと人格形成

『自分はどうしていつもこんな思いをするんだろう』
『なぜいつも同じことでつまづいているんだろう』
『どうして人間関係を上手く築けないんだろう』
『いつも不安な気持ちになるのはなぜだろう』

というような感覚は、無自覚に形成された人格の影響が強い場合、どうやって改善
したらいいのかがわからなくなってしまいます。

カウンセリングでは、親子関係を振り返ってもらうことで、自分という人間の人格
を自覚して、どのように改善していくことが望ましいのかアドバイスも行っています。

人格形成というのは、人間の性格、脳の仕組み、親子関係の心理的影響についての
知識があってこそ分析でき、具体的な改善方法も提案できるので、専門的な知識を
持っているカウンセラーに相談してください。

 

親子関係の子育てへの影響

親子関係は、自分の子供に対する接し方にも影響しています。
人はどうしても自分の人生観、経験をもとに子供を育てようとします。

当然、親として自分の人生観や経験を伝えていくことは大切で、それが子供の物の
考え方を形成していく土台となるのですが、その人生観や経験談に大きな偏りが
あったり、子供の感性や関心を見てあげることなく親からの一方的なメッセージを
伝えた場合は、そこにいくら愛情があっても、子供にいい影響を与えているとは
言えない場合があります。

本当は子育てをしていくためには、、人間には生まれつき備わった特性があり、
それが人格形成の土台となること、そしてその特性は、必ずしも親と一致しないと
いうこと、また子供には心の発達段階というものがあり、しつけや教育を行うにも
適したタイミングがあるということ、親が伝えたいことは子供が愛情を感じている
から伝わるということなど・・・

子育てをする上で専門的で役に立つ知識をある程度知った上で子育てをすることが、
親にも子供にも望ましいことです。

 

親子関係とカウンセリング

カウンセリングでは、下記のような方の相談をお受けしています。

・自分と親の関係、親から受けたしつけや教育の中でしっくりこないものが、
自分の考え方
や行動に大きく影響を与えていると感じる人。

・自分の経験を踏まえ子育てをしているが、それでいいのか不安、子供への
関わり方、
考えていることなどが分からないという方

カウンセリングでは、相談内容に限らず親子関係がテーマにあがある事は少なく
ありません。
それだけ、人生において親から受ける影響というのは強く、長く続くものなので、
親子関係を改めて振り返ることは、自分の人生を進めていくために必要なことだと
言えます。

子育てに悩まれている方も、自分の親子関係から見つめ直すお手伝いをさせて頂き
ますので、カウンセラーにご相談ください。

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA