性犯罪者は被害者の気持ちが想像できない

痴漢、盗撮、露出の性犯罪被害から生まれる心の傷

痴漢、盗撮、露出をしてしまうという方は、その被害者がどういう精神的ショック
を受けるのかということに関しても鈍感であると言えます。

自他共に、人の心に関する意識が弱い、そのため自分の事を表現する力も弱いこと
が痴漢、盗撮、露出という問題行動を起こす方の特長ですが、被害を受けた方の
ショックは決して軽いものではないことを理解していくことが同じような問題を
繰り返さないために必要なのです。

しかし、同じ過ちを繰り返してしまう方は、心のどこかで被疑者がどう思うかと
いう現実を見ないようにしている傾向があります。
ここでは、敢えて被害者の抱える辛さを取り上げてみたいと思います。

・外出する事が怖くなり、学校や仕事に行けなくなった。
・男性が怖くなり、男性と上手くコミュニケーションが取れなくなった。
・自分が悪い事をしたような気持ちになる。
・動機がするようになった、上手く声が出ないなど、神経症のような症状がでている。

上記の例は、被害者に表れる辛さや問題のごく一部です。

痴漢、盗撮、露出などに合う事で人生が大きく変わってしまい、今までの生活が
できなくなる人もいるのです。
痴漢、盗撮、露出をしてしまうという人は、それほどの事だという事を強く自覚
して欲しいと思います。

被害者の気持ちを想像することを続ける必要性

痴漢、盗撮、露出という問題行為は、自分の人生、家族の人生、そして何よりも
被害者の人生を大きく狂わせるだけの影響を持っているものなのです。
痴漢、盗撮、露出を改善していきたいという思いがある方は、そのことを自覚
して強い意志で問題行為を繰り返さないようにしていただきたいと思います。

その意思をしっかり持ち、自分の衝動をセーブすることは痴漢、盗撮、露出と
いう問題行為を改善するための対処です。
その対処をしつつ、カウンセリングを継続して自分の行動を顧みると同時に
被害者の気持ちを想像する時間を作って下さい。
1人でそれらを行おうとしても継続できないことが多く、それが再犯の可能性
を高めてしまいます。

再犯をしないためには、被害者の気持ちについて考え、知ろうとする姿勢も
重要な取り組みなのです。
 
 
 

こんな記事も読まれています