盗撮をしている人が抱いている勘違い

盗撮をしている人の心理的特徴として顕著なのがこの勘違いです。
『女性は盗撮されていることに気づいていないはず』
盗撮を止めるためにカウンセリングが必要な理由の1つは、この勘違いを正す必要
があるからです。

確かに、気づいていない女性もいると思いますが、実は気づいている女性も少なく
ありません。
これはカウンセリングで加害者の人が逮捕された時の状況を聴いていると、女性が
気づいていることが明らかだと感じる事例がたくさんあるので、そこから推測した
情報です。

女性は、気づいていたとしても後ろから盗撮をするような男性は、まともな人格で
はないと思うので怖くて「やめて欲しい」と言えないというのが現実です。
しかし、精神的にも強い苦痛を感じるし、そんな人を放っておけないので女性は
駅員に伝えたり、警察に連絡したりされているそうです。
その結果、しばらくして逮捕されるということになります。

類似記事

否認の心理があると盗撮が止められない

性犯罪者は、否認の心理が強いという特徴があります。
否認の心理とは、不都合な事実や自分の異常さ、問題点を受け入れないという心理
で、この心理が盗撮を繰り返すための言い訳づくりになっています。

盗撮の常習者が持っている否認の心理
  • 盗撮をされていることを女性は気づいていない
  • 気づかれなければ傷つけることもない
  • 気を付けていれば捕まらない
  • 止めようと思えば、いつでも止められる
  • 短いスカートをはいている女性も悪い

このように心の中で盗撮をするためのさまざまな言い訳づくりを行っていて、その
心の中の言い訳が、やってはいけないことを行動に移す自分への許可になって
しまっているのです。

カウンセリングの中で、このような心理について聴いていると、呆れてしまいそう
になったり、憤りを感じますが、それをコントロールして話を聴き続けています。
話を聴き、質問をしながら、盗撮の加害者の中にある否認の心理に本人が気づいて
もらえるように対応しています。

盗撮を繰り返す人が心の中で考えていること

いくら事実を否認しても、盗撮を続けていると逮捕されてしまいます。
逮捕された後の後悔と反省の度合いは、盗撮の加害者の話を聴いていると個人差
があると感じています。
ただ、再犯に至る心理に関しては、ある程度共通しています。

例えば、下記のような特徴があります。

盗撮を繰り返すために心の中で行われている言い訳
  • また盗撮をしたいと思っていてもそれを認めない
  • カウンセリングで衝動があることを正直に言わない
  • 自分の意思だけで改善できる
  • 一度つかまったが、次はバレないようにできるはず
  • 反省も後悔もしているので再犯をするはずがない

盗撮をして一度つかまった人は、もしこのような心理が自分の中にあるのであれば、
再犯をしてしまう可能性はとても高いと言えます。
まだ、カウンセリングを受けたことがないのであれば、早急に受けることが必要です。

また、自己判断でカウンセリングを中断した場合でも、上記のような心理状態に
なることがあれば、カウンセリングを再開する必要があります。

盗撮を止めたいならカウンセリングへ

盗撮は、痴漢などに比べて刑罰は軽いかもしれませんが、罪という観点から考えると、
女性に不快感、恐怖感、男性への不信感を与え、自尊心も傷つける行為で、自分の
問題点を重く受け止めるべき行動です。

もし、盗撮をしている人、盗撮で逮捕されたことがある人がこの記事を読まれたので
あれば、カウンセリングを受けていただきたいと思います。
盗撮をして逮捕された方のご家族が読まれた場合は、カウンセリングを受けるよう
ご本人に促してほしいと思います。

性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪を止め続けるための意識づけをサポートするプログラム

性犯罪を抑止するためのWEBプログラム

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ