ブログ

心の悩みの相談は大阪のAXIAへ

2020/06/10
心の病
うつ病

うつ病の医学的解説

この記事は、うつ病に関して医学的な解説を行っています。
身近な人がうつ病になったり、メディアなどでも芸能人など有名な人がうつ病になったというニュースが流れますが、うつ病は決して自分には関係のない病気ではありません。

もし自分や身近な人がうつ症状に悩まされ始めたら、できるだけ早い段階で専門家に相談をするという選択肢を選べるよう、うつ病に関する専門的な知識を知っておいて頂ければと思います。
医学的な解説を出来るだけわかりやすくして記載しているので読んでみて下さい。

抑うつ障害

うつ病を始め、うつ症状をが表れる躁うつ病などは、抑うつ障害というカテゴリーに分類されています。
もともとは気分障害という分類だったのですが、DMS−5の中では、抑うつ障害と双極性障害及び関連障害群という呼び名になっています。

大うつ病性障害

うつ病は、正式には大うつ病性障害と呼ばれるものです。
これは、抑うつエピソードを1回以上経験すると診断されます。

抑うつエピソード

下記の内容が抑うつエピソードです。
赤文字の2つのうち、1つでも該当していて、それ以外にも下記の9項目のうち、5つ以上が当てはまる状態だと大うつ病性障害と診断されます。

  • ほぼ1日中、抑うつ気分なっていて、ほぼ毎日続いている
  • ほぼ1日中、興味や喜びが減退し、ほぼ毎日続いている
  • 体重が著しく減少、または増加している
  • ほぼ毎日、不眠もしくは仮眠になっている
  • ほぼ毎日、焦燥感、精神的制止が続いている
  • ほぼ毎日、無気力感、疲労感などを感じている
  • ほぼ毎日、無価値観、過剰もしくは不適切な罪悪感を感じる
  • 思考力、集中力、決断力が低下している
  • 自殺を思い浮かべること、自殺を計画することがある

うつ病の種類

うつ病は、外因性のうつ病、心因性のうつ病、内因性のうつ病に分けられています。

外因性は、外傷によってうつ症状が発症することです。
うつ病の診断では、まず外因性であるかどうかを判断することで、よりどのタイプのうつ病なのかという判断がしやすくなります。

心因性は、ストレスによってうつ症状が発症することです。
ストレスにさらされている時はうつ症状が続きますが、ストレスのある環境から離れることによって症状が緩和されることもあります。

内因性は、外因性にも心因性にも当てはまらない場合で、原因がはっきりしないことを表していて、原因ははっきりしていないが脳の状態はうつ病の症状を発症する状態になっています。

うつ病と性格

うつ病になりやすい性格のことを、うつ病の病前性格と言います。
うつ病の病前性格には、メランコリー親和型性格、執着気質などがあります。
メランコリー親和型性格は、几帳面、完璧主義、過剰な人への気配りという特徴があり、執着性格は、几帳面、凝り性、熱中症、責任感の強さが特徴です。

持続性抑うつ障害

うつ病の傾向は示すものの、うつ病の診断基準を満たすほどではない状態で、2年以上症状が持続しているものを持続性抑うつ障害と言います。
抑うつ神経症、気分変調性障害と言われていたものです。
症状の程度は、うつ病よりも軽いのですが、薬が効きにくいという特徴があります。
カウンセリングにも持続性抑うつ障害と思われる状態の方が、精神科医の勧めで
相談に来られることが良くあります。

非定型うつ病

どの診断基準にも上手くあてはまらないけど、うつ病の症状は表れている場合に非定型うつ病と診断されます。
新型うつ病と言われているものもこの中に含まれています。
特徴としては、うつ症状があり、仕事など気の乗らないことはできないけど、好きなことや興味のあることには取り組めるという点です。
またこのタイプのうつ病の人は、自分がうつ病であることを公言するため、世の中のうつ病のイメージが非定型うつ病の特徴に偏っていて、社会でうつ病
が正しく理解されることの妨げになっています。

まとめ

上記で説明している通り、うつ病にもさまざまな分類があります。
大うつ病性障害の人は、自分がうつであることを自覚していない、公言しない、うつで気分が沈んでいる様子を見せないように振舞う傾向があるため、周囲から上手くサポートが得られていなかったり、適切な改善の手段を選択できていなかったりすることがあります。

社会の中で適切なうつ病の理解が広まり、適切な支援を受けることができるようになり、うつ病で苦しむ人が少なくなっていくことがうつ病に関する社会の課題です。

カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ

一覧に戻る