この記事は、心の病に対する薬物療法についての説明です。
カウンセラーは、薬物療法を行うことはできませんが、カウンセリングには薬を
飲んだ方が良い症状の人も相談に来られます。
しかし、薬の知識がなく、偏った情報だけをもとに薬を飲まないという選択を
してしまっている人もいるので、薬に関する情報を提供することもカウンセラー
の重要な役目となります。

このページでは、私がカウンセリングの中で薬を飲んだ方が状態が良くなると
感じた方にお伝えしている内容と同じことを書いています。

薬を飲む必要がある心の病

まず、薬物療法が必要な心の病が何かについて説明します。
薬物療法が必要とされているのは、主に以下の3つです。

うつ病、躁うつ病、統合失調症

他にも症状を軽減するために薬が処方される場合がありますが、薬物療法が
治療の主となる心の病は上記の3つだと認識しておいていただければ良いです。

薬物療法が必要な理由

薬物療法が必要な理由について説明します。
薬物療法が必要な理由は、症状を抑えるためには薬を飲むことが有効な場合
があるからです。

心の病の中には心理的なストレスがない状態でも、心理的なストレスが小さい
状態でも発症するものがあります。

ストレスが原因で症状が表れている場合は、ストレスが無くなると症状が出る
理由もなくなるので、薬を飲まなくても心身の状態が良くなりますが、特に
目だったストレスがないのに症状が出ている場合は、脳の働きが乱れて症状
が出ているので、脳の働きを整えなければ症状が続く、または悪化してしまい
ます。

うつ病、躁うつ病、統合失調症の場合は、脳の働きが乱れて症状が出ている
状態なので、薬の力を借りて脳の働きを整えることで日常生活を送りやすく
なります。

心理状態の乱れと脳の働き自体の乱れは、関連しているけど別のものです。
症状が出ている理由が別であれば、対処の方法も別となり、カウンセリング
などの心理療法が必要な場合と薬物療法が必要な場合に分かれるのです。

 

薬物療法への誤解

心の病の症状が出て悩んでいる人、苦しい思いをしている人の中には薬を飲む
ことに抵抗を感じている人がいます。
その理由は、病院に行くと薬づけにされる薬を飲むと仕事が出来なくなる
という思い込みが関係しているのですが、これは正しい情報ではありません。

世の中には、病状に適していない種類、量の薬を飲んで薬の副作用によって
状態が悪くなっている人がいるのも確かですが、薬を飲むことで症状が緩和
されて生活がしやすくなっている人がいるのも事実です。
薬を出し過ぎているお医者さんがいるのも確かですが、症状の程度や症状が
続いている期間などをしっかりと確認して適切な薬を出してくれるお医者さん
もいます。

心の病を診てくれる良いお医者さんとは

薬が必要な場合は、適切な薬を飲むことが必要ですが、良いお医者さんは
薬を出すために必要な情報をしっかりと聴き、その上で慎重に薬を出して
くれます。

心の病を診てくれるお医者さんで優秀な方は、病気や症状に関する情報を
しっかりと聴いてくれます。
患者さん一人ひとりの状態に合わせた薬を出すために話を聴くということ
を怠らなければ、不適切な薬を出すこともなくなります。

お医者さんは、カウンセラーほど感情や思考に焦点を当てた話をする時間
はありませんが、症状を確認するためにしっかりと話を聴いてくれる場合、
適した薬を処方いてもらえる可能性は高いと言えます。

薬への認識を改める

世の中には薬を出し過ぎているお医者さんもいますが、適切な種類と量の
薬を処方することで、患者さんが仕事や家庭などで健康に活動できること
を願っているお医者さんもたくさんいます。

うつ病、躁うつ病、統合失調症の場合は、症状が治まっても再発させない
ために薬を飲み続けなければならないケースもありますが、これは薬漬け
という状態ではなく、社会の中で自分の症状と付き合いながら生活する
ために必要なことなのです。

薬を飲むことで、日常生活を送りやすくなる人がいるのは事実であり、
長い期間薬を飲んでいることが間違った治療方針ではない場合もあると
いうことを知っておいて欲しいと思います。

まとめ

心の病になった場合、正しい情報を持っていることが改善するために
必要な条件です。
薬物療法への偏見があることで、状態が良くなる治療を受ける機会を
失ってしまうのは損です。

世の中には、うつ病、躁うつ病、統合失調症に罹る人は一定数います。
その人たちが、間違った情報のために治療の機会を失わないように
薬物療法の知識を持っておいてもらいたいと思います。

カウンセリングの学び、ノウハウ一覧へ      カウンセリングは大阪のAXIAへ

 

カウンセリングの予約|大阪のAXIA