教師の性犯罪抑止への取り組みに対する懸念

弊社は、性犯罪加害者が再犯を犯さないためのカウンセリングを行っています。
カウンセリングには、さまざまな職業の方が来られていますが、どちら方というと公務員に比べて会社員の方が多いように感じます。
そして、公務員の中でも教職員で性犯罪をしてしまった人に関しては、カウンセリングを受けている人は少ないです。

公務員が性犯罪を犯した場合はニュースに取り上げられることが多いのですが、そのニュースの量から考えるともう少し教師の来談が多くてもよさそうな気はしますが、来談者の中の教師の割合は低いのです。
これはあくまで弊社の中でのことなので、他のところに相談に行っておられる可能性もあるのですが、教師で性犯罪を犯した人の中でカウンセリングを受けることが少ない要因は、性犯罪によって仕事を失っていることが関係していると感じています。

私は、教師が性犯罪を犯した後の取り組みの傾向に懸念を持っています。

なぜ教師はカウンセリングを受ける人が少ないのか

実は、性犯罪を犯した後でも仕事を失っていない人はたくさんいます。
それが良いかどうかは別として、事実として会社員は逮捕された後も職場にその事実を知られないこともあるため、前科がついた後でも同じ仕事を続けているケースが多いのです。
そして、仕事が続けられることも再犯をしないようにカウンセリングを受けようというモチベーションにつながっているケースもあります。
また、職場の上司などに事件のことを知られた場合でも、職場に残ることができている人も多く、上司などからもカウンセリングを受けることを勧められている人もいます。

なぜ教師はカウンセリングを受ける人が少ないのか

教師の場合は、事件を起こし後に多くの人が仕事を失っています。
仕事を失うと、この先の生活のためにどうすればいいのか考えなければならなくなり、カウンセリングを受けるという選択肢よりも再就職のために動くことが優先されているのではないかと思います。
生活のためには働くことは必要なので、再就職先を探すことは理解できるのですが、弊社には就職先が見つかってからカウンセリングを受けに来たという人はいません。

教師の場合、その職業だけを目指して大学で勉強して採用試験も苦労して通ったという人がいるので、自分の行いが原因とはいえ職業を失った職が大きく、再犯を抑止することや更生することに意識が向かないほど喪失感が強く、それが治まるまで時間が掛かっているのではないでしょうか。
そして、喪失感が弱まり始めたころには日常生活が動いていてカウンセリングを受けることの優先順位が低くなっているように思います。

同じ公務員でも、教師以外の職種の中で、そのまま同じ職場で働くことができている人は、カウンセリングを受けている人は多いです。
公務員の場合は、事件を起こした場合は職場に知られることが多いですが、処分の内容によっては職を失わずに済んでいる人もいて、職場からカウンセリングを受けることを求められることもカウンセリングを受けている人が多い理由です。

否認の心理が強い可能性もある

性犯罪者は否認の心理と言って、自分の問題点を認めない、不都合なことから目を背けるという心理的特徴が強いのですが、教師の中で性犯罪をしてしまう人は否認の心理も他の職業をしていた性犯罪加害者に比べて強いのではないかと感じます。

教師という仕事は、自分よりも年齢の若い子供たちと接するので、自分の正しさや有能さを意識しやすいところがあるではないかと思うのです。
教師をしている人の全てがそうだとは言えませんが、子供たちと比較することによって過度に自分は正しい、有能だと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。
その感覚を持った状態で性犯罪加害者となった時、『自分は反省も後悔もしたから二度と同じことはしない』、『自分の意思で性犯罪は止められる』と考えてしまいやすいため、カウンセリングを受けることも避けてしまっているかもしれません。

学校は否認の心理が強くなりやすい環境

学校というのは、そもそも反証可能性が低い職場だと言えます。
反証可能性とは、自分の誤りに気付くことができる可能性のことです。

会社員や他の公務員なら、大人ばかりの環境で仕事をする場合が多く、経験の浅いうちは自分の仕事を上司にチェックされるため、間違いを指摘される機会も増えます。
そして、自分の間違いを認めて改善しなければ、周囲から信頼してもらえないので自分の誤りを認めて改善するという経験を積むことができます。

しかし学校は、児童や生徒が相手の場合に教師は自分の間違いを胡麻化しやすい、授業は自分と子供達の空間なので、自分の仕事をベテランの教師からチェックされて指摘を受けるという機会も少ないという点で、自分の誤りに気付く改善するという経験を積みにくい環境です。
そのため否認の心理が強くなりやすいのではないかと思うのです。

依存症の人は否認の心理が強く、性犯罪者も例外ではないので、否認の心理が修正されていないまま生活することは再犯のリスクが高いままであると言えます。
私が教師、元教師で性犯罪加害者となった人にしっかりとカウンセリングを受けて欲しいと思っている理由には、否認の心理から生じる再犯リスクがあるからです。
自分の人生のためにも、社会のためにも一度でも性犯罪を犯しているのなら、その異常性を認めて改善に取り組んで欲しいと思います。

否認の心理を弱めるための知識の獲得

否認を心理を弱めるためには、事実と向き合うことが必要です。
教師の限らず性犯罪加害者がカウンセリングを受けることに抵抗を感じるのは、自分の問題点を言葉にして事実と向き合うことに拒否感を感じているからだと思います。

本当は出来るだけ早い段階でカウンセリングを受けて頂くことが望ましいのですが、それが難しいという方には性犯罪というものへの理解を深めて、自分の行いを見つめ直して頂くためにメールマガジンを配信しています。

弊社が配信しているメルマガは、性犯罪抑止のためのカウンセリングを行ってきた経験に心理学や脳科学の知識を交えて、性犯罪の問題点や改善に必要なことを分かりやすくお伝えするというものです。
カウンセリングを受ける前にメルマガを読み始める人もいれば、カウンセリングと並行してメルマガを読んでいる人、カウンセリングを受ける頻度を減らす段階やカウンセリングを卒業する段階で読み始める人などさまざまですが、多くの人が性犯罪を止め続けるために読んでおられます。


性犯罪は再犯率の高い犯罪です。
犯罪を犯した後に何の対策もしないまま過ごす時間は、再犯をする可能性を残したまま日々が過ぎていると言っても過言ではありません。
性犯罪を止めるためには、まずは出来ることから始めて下さい。
今スグカウンセリングを受けることが難しいという場合は、メルマガからでも良いので再犯につながる否認の心理を弱める取り組みをして頂きたいと思います。