女性に知っておいて欲しい恋愛と男性脳の関係

この記事は、恋愛の中で男性心理について悩む女性のために書いています。

女性からしたら男性が感じていること、考えていることがわからないという部分があり、それが恋愛関係の中でイライラや不満につながることもあると思います。

恋愛の中では、、知らないということが悩みにつながることもあります。
男性の心理的特徴を知らないために相手への指摘が強くなったり、気を遣い過ぎて何も言えなくなったりすることもあるでしょう。

知らないということはコミュニケーションにも影響するので、この記事に書いてあることを知って恋愛に活かして頂ければ嬉しく思います。

下記に書いてあることは、実際にカウンセリングの中でも恋愛の悩みを相談に来た人たちに良く伝えている内容です。
知っておくことで男性との付き合い少し楽になるのではないかと思います。

恋愛に影響している男性と女性の脳の働きの違い

付き合う合う前は自分の話をよく聴いてくれたのに、付き合ってからは話したいことが合って話しかけてもすぐに意見を言われたり、めんどくさそうに返事をするようになったという体験がある女性が少なくないと思います。

なぜ、男性は付き合うと話を聴かなくなるのか?

これは、男性の脳は目的志向で、目的を達成するために行動をするので、自分が気にいった女性に好かれたいという目的があると、話も良く聴いてくれるのです。
よく『男性は釣った魚(女性)には餌を与えない』というようなことが言われていますが、これも付き合うという目的を達成したので、それまでの行動の目的がなくなったためです。

男性の脳は、目的達成に対して行動を選択するようになっていて、女性の脳は周囲の人と仲良くなるために働くようになっているのです。
その違いが、付き合うようになってから話を聴かなくなる男性に対して、女性が不満を持ち、理解ができない理由でもあるのです。

女性に共感しない男性

恋愛で男性に対して女性が抱く不満の1つに、自分の話を共感してくれないというものがありますが、これも男女の脳の違いが関係しています。

男性は、問題解決しようという思考が強いため、何か相談をされるとそれを解決しようとアドバイスを考え始めます。
それも現実的かつ効率的な話をしようとするので、情緒的、共感的に話を聴いてほしい女性にとっては不満になるのです。

また、男性は無意識にでも、問題解決ができることに価値を感じているので相談を受けるとその相談ごとを解決しなければというプレッシャーを感じます。
そのため、頑張って女性が必要と思っていないアドバイスをしてしまうのです。

男性に話を聴いてもらいたい時は「今していることを終えてから、何分くらい話を聴いてほしい、ただ話を聴いてくれるだけでよくて、アドバイスは必要ない」ということを前もって伝えておくと、比較的話を聴いてくれるようになるので試してみて下さい。

男性の浮気心とそれを止める理性

男性の浮気に悩んでいる、浮気を心配している女性も少なくありません。
実は男性が浮気をするのも脳の働き、特に本能の働きが関係しています。

人間を含めた生物の本能は、自分の遺伝子を残すということを目的としているため、人間もその本能の目的から考えると、男性は多くの女性に自分の子供を産んでもらった方がいいと、本能的には考えるのです。

その本能的働きが、一人のパートナーがいても他の女性を求めてしまう理由なのです。
男性は心身ともに健康であれば、複数の女性に興味を持ってもおかしくないのです。

それに対して女性は、自分のお腹に宿った大切な命を守っていこうという本能があり、誰の子供かわからないということになったり、お腹の子どもの安全が保障されないセックスは避けようとしまう。
そのため、精神的に安定している女性は、一人の男性と心身ともにいい関係が築けていれば満足できるのです。

現代社会では、特に先進国では結婚は一夫一婦制です。
これは、長い歴史の中で、より良い社会を目指して人間が作り上げてきた一つのルールです。
そしてルールを知り、守ろうという意識は本能ではなく理性です。
浮気をしない男性というのは、そういう意味で理性の強い人ということが言えます。

女性がパートナーを選ぶとき、理性の高い男性を選ぶこと、ストレスで男性の理性が弱まらないように優しさをもって接していくということも大切なことです。
もちろん、男性も女性との関係は、女性に安心と安全を感じてもらうことが重要ですので、女性に安心と安全を感じてもらえるように、付き合ってからこそ思いやりを持って関わっていくことが大切です。

カウンセリングで恋愛の悩みを解決

女性にとって、恋愛における男性の心理は理解できないことも多いかと思います。
男性と女性には、上記のような違いがあるので、お互いに違いを頭ごなしに否定してしまっては衝突が多くなってしまいます。
実際に違いを否定して関係が悪化してしまう人もいます。

カウンセリングでは、男性と女性の脳の違いから生まれる恋愛観やコミュニケーションの違いを批判してしまい関係が悪くなって相談に来る方もおられます。
カウンセリングでは、男性の恋愛における心理的特徴についてアドバイスをさせていただくことが多いのですが、その内容を知ることによって付き合い方が改善されるということがあります。

知識がないことが、不安や不満の増幅につながることがあるので、恋愛中に悩みが生じたら早い段階で知識を得ることが望ましいことも多いです。

恋愛で男性心理が分からない、男性への不満をぶつけていたら関係が悪くなって来たということでお悩みの方は、カウンセリングにお越し下さい。