恋愛の前に自分のことを好きになれていますか?

カウンセリングでは、恋愛の悩み相談も受けていますが、よく相手のことをみて
選んだつもりでも、後から後悔するという恋愛パターンに悩んでおられる方が
少なくありません。
それは、恋愛で苦労している方は、自分のことを好きでない人を選んでしまって
いる可能性があるからです。

いつも自己愛の歪んだ人を選んでしまう

自分のことを好きになれない人を選んでしまうと、他人からの愛情を過度に
求めてしまうので、依存度の高い付き合い方になります。
常に一緒にいることを求められる、頻繁に連絡を取ることを求められる、反対に
ほったらかしにされたりします。
時には異常なほどの束縛や暴力に悩むことにもなります。

では、なぜ自分のことを好きになれない人を選んでしまうのかというと、自分の
ことを好きになれない人の場合、反対に自己愛が強すぎて表面上は根拠のない
自信を持っていて、一見頼りになりそうに感じる人、儚い雰囲気を持っていて、
自分が一緒にいてあげなければと思ってしまう人がいて、その表面的な魅力
に引き付けられるからです。

 

理不尽な扱いを受け入れてしまう

相手がその人自身のことを好きであることも大切ですが、自分が自分自身の
ことを好きかどうかも重要です。

意識的にも、無意識でも自分のことを好きになれない人は、恋愛関係で理不尽な
扱いを受けていても、それを受け入れて付き合い続けてしまう傾向があります。
別れたいという気持ちになることがあっても、結局別れるという決断はしない
まま関係を続けてしまうのです。

理不尽な扱いを受けて、その人の異常さに気づいた時に別れるという決断が
すぐに出せる人は、自分のことが好きで、自分の尊厳、時間、財産などを大切
だと思うことができている傾向が強いと感じます。

恋愛関係で理不尽な扱いを受けているのに別れることができないという方は、
一度自分のことをどう思っているのかと考えてみて下さい。

 

自己肯定が恋愛傾向を変えてくれる

いつも恋愛が上手くいかないという方は、自分を少しでも肯定できるようになる
ことが恋愛傾向が良くなる兆しです。

自分のことを肯定するには、自分のことをよく理解して、自分のために時間を
使ってあげることが効果的です。
自分のことが公的出来るようになり、自分のことを好きになると、自然と自分
のことが好きな人と気が合うようになるので、相手を選ぶ基準も変わってくる
ことが多いです。

それは、自分のことが嫌いな人と接していると違和感を感じるようになるので、
一緒にいて心地いいと感じる人が、自分を肯定できている人になるからです。

また、誰かと付き合っている、もう結婚しているという人もお互いが自分の
ことを好きになるよう心がけてみて下さい。
自分のことを嫌いなまま一緒に時間を過ごすのはもったいないです。
お互いが自分のことを好きになれば、2人の関係性も変わっていきます。

 

欧米では、日本に比べて夫婦でカウンセリングを受ける人が多いと海外で生活
をしていた友人から聴いたことがありますが、カウンセリングは自分のことを
好きになるために手段の1つなので、欧米の方が良い恋愛、良い夫婦関係を
継続するためにカウンセリングを選択するのは理にかなっています。
欧米の方は、結婚してからでも自分とお互いのことを見つめ、関係をよくして
いこうという意識が高いように思います。

もし今恋愛の悩みを抱えていて、その原因の1つが自分自身のことを好きに
なれないことだと感じたら、カウンセリングを受けてみて下さい。

 

こんな記事も読まれています

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA