家に帰りたくない男性が増えている

仕事が終わっても、『家に帰りたくない』、『家に居場所がない』、『妻が怖い』
と思っていて、わざと残業を多くしてみたり、どこかに寄り道をして帰宅恐怖症で
悩み男性は少なくないようです。

実際にカウンセリングでも帰宅恐怖症に関する相談を受けることがあります。
自分は家に帰りたくないという思いを自覚して相談に来る人もいれば、別の悩み
の背景に帰宅恐怖症があるというケースもあり、カウンセリングではどちらの
タイプの相談も対応することがあります。

家に帰りたくないという男の心理

あなたは、必要のない残業をする、居酒屋、ファーストフードやコーヒーショップ、
ネットカフェで時間を潰すなどしてから帰宅しているということはありませんか?

もし、そんなことが頻繁にあるようなら、もしかしたらあなたは帰宅恐怖症かも
しれません。
帰宅恐怖症の原因の多くは、夫婦関係である確率が高いと言えます。
そのため、夫婦関係と帰宅恐怖症について書きたいと思います。

下記の項目に当てはまることはありませんか。
もしいくつか該当するようならあなたは帰宅恐怖症、帰宅恐怖症の予備軍かも。

 

夫が家に帰りたくない理由
  • 妻が夫の行動を監視したり、束縛したがる
  • 妻の気が強く、夫が自分の感情や思いを表現できない
  • 妻からいつも同じような愚痴を聞かされている
  • 妻がいつも朝から不機嫌である
  • 妻が家の中を片付けてくれない
  • 妻があまりにも子供優先である、子どもに夫に愚痴を話している
  • 妻と母親、または父親の関係が強く、いつも実家の意見に左右されている

よくよく考えると、上記の中のいずれかの不満を持っていることで、家に帰る
ことに抵抗を感じていたり、意識的もしくは無意識に仕事を長引かせていると
いう人もいます。
また、家に直せず帰らずにどこかによって変えることが習慣化しているという
人もいます。

もし、妻に改めて欲しい、変えて欲しいと思っていることがあることに気づい
たら、妻と如何にして話し合うかという問題が出てきますが、妻と話し合って
も上手くいかないというイメージを持っている人は、妻と話し合うことを回避
していて、その回避の手段の一つが家にいる時間を短くするというものである
ことも多いのです。

帰宅恐怖症の解決のカギは妻とのコミュニケーション

妻と話をして、改善をしてもらうことが帰宅恐怖症の解決につながると理解
できたとしても、妻に改善を求めるとケンカになったり、妻がすねてしまう、
改善を求めても素直に聴いてくれないということが想像できてしまうので
話し合うことができていないという人はたくさんおられます。
しかし、帰宅恐怖症を解決していくには、一緒に住んでいる人の理解が必要
になります。

話をする必要性はわかっても、実際に2人だけで話すことは難しいという場合、
活用できる方法がカウンセリングなのです。
夫婦間で話し合うことが難しい場合、夫婦問題について詳しいカウンセラーに
相談することが望ましいと言えます。

帰宅恐怖症のカウンセリング

帰宅恐怖症のカウンセリングは、家に帰りたくないという自覚のある男性から
依頼があることもありますが、夫が家に帰ってこないという悩みを抱えた女性
から依頼があることもあります。

家に帰りたくない、家に帰ることに抵抗があるという男性、
夫が家に帰ってこない、急に残業が増えて帰りが遅くなっているという女性、
カウンセリングでは、そのような方からの相談に対応しています。

カウンセラーが夫婦の相互理解を支援します

カウンセリングでは、カウンセラーが夫婦の間に入って話を聴くことで、
夫婦間の相互理解が深まるように支援します。
カウンセリングを継続しながら夫婦間の相互理解が深まり、些細なことから
重要なことまでコミュニケーションとれるようになり、その後にカウンセラー
の力を借りなくても良い夫婦関係を維持できる時間が長くなれば、どんな時
も話し合い解決していける夫婦になっていきます。

夫婦で、誰かに相談した方が良いと問題意識を持っている人が一人で相談に
来られるケースもあれば、夫婦で一緒に相談に来られるケースもあります。
帰宅恐怖症というのは、夫婦関係の問題が表面化した一つの状態です。
カウンセリングでは、夫婦関係や関係の原因となっている部分まで掘り下げて
解決の可能性を一緒に追求していきます。

 

結婚生活の問題を相談できるカウンセリング|大阪のAXIA

 

 

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ