性犯罪者は、同じ過ちを繰り返すというイメージを持っている人は多いでしょう。
実際にカウンセリングを受けに来られる方の中にも、数回逮捕された後に初めて
カウンセリングを受けることを決めたという人もおられます。
性犯罪は再犯が多いというのは事実です。
しかし、性犯罪を行った当の本人は、この事実を認めずに生活していることが
多いという点も再犯が起きる理由の一つです。

性犯罪の再犯の可能性が高いと自覚するべき

盗撮、痴漢、露出、強姦などは、犯罪行為に当たるということを分かっている
はずで、その上で犯行に及んで逮捕された後も何の対策もせずに生活している
人がいるのですが、世間では再犯の可能性が高い犯罪だという認識が強いのに
当事者は逮捕されたのでもう再犯をするわけがないと表面意識では考えています。

しかし、再犯が多い理由は、深層意識ではまた同じ行為を行いたいと思っていて、
その思いが衝動として表面意識に上がってきても再犯を防ぐような対策をせず
に生活しているためです。

 

ストレスは原因ではなく引き金

性犯罪をしている人の多くは、犯罪を実行する少し前から過度なストレスを
抱えていることが多いのですが、脳はストレスを抱えていると、危機的状態
だと認識してストレスをどうにかして緩和しようとします。

そして、脳内でドーパミンという物質が増えるとストレスが緩和されるので、
それが増えるためにスリルを体験して、その上欲求を満たすことができると
思われる性犯罪に走ってしまうのです。

 

男性は、ストレスの緩和のためにスリルと興奮を味わおうとする傾向があるので、
ギャンブル、乱暴な運転、暴言や暴力などをする可能性が高まります。
性犯罪もその一つです。

さらに、上記のような行動でストレスが緩和されてしまうと、脳はストレスと
いう危機から命を守った行動で、自分にとって良い行動だと勘違いして記憶
してしまうのです。
その記憶は深層意識の中では、またストレスが蓄積した時には同じ方法をとれば
ストレスが緩和されるものだという認識のものになってしまいます。

性犯罪者は、この脳の奥深くに根付いた勘違いをカウンセリングによって正す
必要があるのです。

 

カウンセリングで再犯の可能性を潰す

脳は、自分の命を守る行動に関してはしっかりと記憶しておこう、深く考え
なくても行動を起こせる状態にしておこうとするので、逮捕されても再犯を
してしまうのです。

人間としての意識は良くないことだとわかっていても、動物として本能で
自分の命を守ろうとする脳の働きが良い行動だと認識したままにしておく
と再犯が起きる可能性があるのです。
カウンセリングの目的の一つは、その脳の勘違いを正すことでもあるのです。
しかし、自分にとって良い行動だと記憶してしまうからこそ再犯する人もいて、
それはカウンセリングを受けている人も例外ではありません。

せっかく性犯罪の抑止と改善のためにカウンセリングを受け始めたのに、
積極的に話をしなかったり、自己判断で大丈夫だと思って通うことを止めて
再犯に至る人もおられます。

性犯罪を繰り返さないためには、カウンセリングの中で自分の心の中で起きて
いることを正直に話すことを繰り返し、深層意識の中にある間違った思いを
正すこと、深層意識から表面意識に上がってきた欲求に気づき行動化を止める
ことができるようにしなければならないのです。
性犯罪加害者のカウンセリング実績をもとに、どういう人が再犯の可能性が高く、
どういう人が改善に向かっていると言えるのかをまとめたページを作りました。
性犯罪や性嗜癖行動の改善に取り組むことへの啓発になればと思います。
こちらがそのページです。

性犯罪の再犯と抑止の可能性

 

性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪の抑止を支援するカウンセリング|大阪のAXIA

性犯罪を止め続けるための意識づけをサポートするプログラム

性犯罪を抑止するためのWEBプログラム

 

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ