病院とカウンセリングルームの違いとは?

カウンセリングを受けようかと考えた時、自分は精神科や心療内科に通った方が
良いのか、それともカウンセリングルームに行った方が良いのかよくわからない
という方がおられます。

そういう方は、基本的に下記の点を抑えておいていただければ選択がしやすくなる
と思います。

  • 病院は薬が出るが、カウンセリングルームは出ない。
  • 医者はどんな薬が適切かを判断するために話を聴く。
  • 話を聴いてもらう、心理、行動面でのアドバイス求めるならカウンセラー
  • 心理、行動の変化が悩みの解決に必要な場合はカウンセリングルームへ
  • 病院は病気の人が相談に行くところ
  • カウンセリングルームは病気ではない人も相談に行くところ

薬の処方と医者の話の聴き方

薬の処方は、医師免許がなければ行えません。
医者は、心の病の人が相談に来たら話を聴いてくれますが、その人がなぜ病気になった
かという経緯やその人の心情よりも、どんな症状が何をきっかけで発生して、いつから
続いているのかという点に関心を持っています。
精神科や心療内科では、一日に何十人もの人が診察に訪れるので短い時間で的確に話を
聴くため、心情に寄り添うということが難しいのです。
そのため、症状や発生した原因と継続期間に焦点を絞って話を聴くのです。

薬に関しては、出されたものが症状に合っていて、症状の緩和につながったのであれば
自分に合っていたということになり、それを処方した医者の判断は的確だったという
ことになります。

カウンセラーの話の聴き方

カウンセラーは薬を処方することができませんが、時間を掛けて話を聴くことができる
ため、クライエントが心の悩みを抱えるに至った経緯や現在の心情を詳しく聴いてくれ
ます。
心のケアとして話を聴きつつ、医者と同じ視点でも話を理解して、薬物療法が必要な人
には精神科や心療内科への通院を提案することもカウンセラーの役割です。

心理療法が必要な人には、カウンセリングの継続の中で悩みが解決に向かうように話を
聴くことがカウンセラーにできることです。

医者とカウンセラーへの話の仕方

精神科や心療内科に行ったと時は、自分の症状の種類や程度、いつから続いているか、
過去に精神科や心療内科への通院歴がないかなどを話し、あとは医者からの質問には
隠すことなく答えるようにしてください。
医者からの質問は、治療のために必要なことの確認のために行われるので、隠さずに
伝えることが必要です。

カウンセラーへの相談は、カウンセラーの質問に応えるだけでなく、聴いてほしい
こと、困っていること、悩んでいること、疑問に思っていることなど、話したいことや
話せることをたくさん話してください。
カウンセリングは医者の診察よりも話ができる時間は多いので、その時間を十分に使い
話をしていただくことが可能です。

カウンセリングに関する質問一覧

カウンセリングの利用

相談内容について

各種機関との比較

AXIAについて

その他

 

カウンセリングの質問集トップ
カウンセリングは大阪のAXIAへ