性犯罪加害者は相談できるところが少なかった

私は、10年ほど前から性犯罪加害者のカウンセリングを行っています。

私が性犯罪加害者からの相談を受け始めたきっかけは、当時は多くのカウンセラーが性犯罪加害者からの相談を断っていたからです。
何件も電話を掛けたけど、相談内容を言うと断られたという人からの相談依頼が何名か続きました。

弁護士の中にも、性犯罪加害者のカウンセリングを行ってくれるカウンセラーを探している人も数名いて、対応してくれるカウンセラーを探すのに苦労したと仰っていました。

私は、性犯罪の背景には性依存症があり、改善のためにはカウンセリングが適しているということは学んでいたので、相談依頼があった時は躊躇なく受けたのですが、断っていたカウンセラーは犯罪者のカウンセリングを行うことに対して、さまざまな理由から抵抗を感じていたのではないかと思います。

現在は、性犯罪加害者の相談を受け付けているカウンセラーも増えているようです。

性犯罪への評価

性犯罪は、人の心身を傷つける犯罪であると同時に依存症でもあります。

私は性犯罪に関する見解を聴きたいと取材を受けることがあるので、テレビや雑誌、新聞などで発言を取り上げて頂いていますが、性犯罪は依存症だという見解に対して「性犯罪が依存症というのは納得できない」というようなコメントがいくつか見受けられました。

このように感じる方たちは、『性犯罪を依存症だと評価することは、病気だから性犯罪を犯したことは仕方がない』という見解のように感じているのではないかと感じますが、私は性犯罪が犯罪であるというのは法律の視点からの評価であり、性犯罪が依存症というのは精神医学や心理学という視点からの評価ですので、私自身も依存症だからと言って性犯罪を犯すことは仕方がないとは微塵も思っておりません。

そして、犯罪である以上は法律によって罰を受ける必要があると思っています。
それと同時に依存症であるからこそ、二度と同じ過ちを犯さないようにする責任が性犯罪加害者にはあると考えています。

依存症だからこそ深刻な問題

逮捕されて罰を受けたにも関わず再犯をする人は少なくありません。
“ダメだとわかっているけど止められない” という状況こそが依存症なのです。
性犯罪加害者は、自分が依存症であることを認めて改善する必要がありますが、『逮捕されて反省しているから、もうしないはずだ』 と安易に考えている人も少なくないという点が性犯罪の大きな問題点でもあると思っています。

性犯罪被害者が出ないためには性犯罪加害者が改善しなければならない

さらに、私は性犯罪は無差別に相手を選んで行われる犯罪で、何の因果関係もない相手から心身を傷つけられる理不尽な行為であると考えています。
無差別だからこそ、女性が気を付けたからと言って性犯罪を回避することも容易ではありません。

このような性質から、性犯罪被害者を作らないためには、性犯罪加害者を減らして行く必要があり、そのための取り組みとして性犯罪加害者のカウンセリングを行っています。

性犯罪加害者は、2度と同じ過ちを繰り返さないための取り組みを続けること、自分の生活を立て直していくことが求められます。
そのために性犯罪加害者が相談できるところとして性犯罪の改善をしっかりサポートできるカウンセラーの存在が必要なので、この問題に力を入れて取り組んでいます。


性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪を止め続けるための意識づけをサポートするプログラム

性犯罪を抑止するためのWEBプログラム

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ