大阪で占い依存症の相談ができるカウンセラー

AXIAでは、依存症の相談を沢山受けていますが、その中には占い依存症になって
いて、もう占いは止めたいということで相談に来られる方もおられます。
相談に来られる方の多くは女性ですが、時折男性の方も相談に来られます。

占い依存症の相談は、電話での相談も多く遠方の方からのご依頼もあります。
おそらく、電話の占いを利用していた方は、何かを相談する時に電話の方がなれて
いるということも電話カウンセリングの依頼が多い理由だと思います。

占い依存症は、依存症の一種であるため他の依存症と同じように
『止めた方が良いとわかっていても止められない』
という特徴や心のどこかに自分が依存していることを認めたくないという思いが
あって、止めることを阻害しています。
そして、占いを止めることができない自分を責めてしまう気持ちやそれと相反して
占いがないと不安になる心理が依存度合いを深めていくのです。

 

占い依存症とカウンセリング

占い依存症は、一時的に占いを利用しないというだけでは改善したことになりません。
依存症は、その行為を一時的に止めたとしても再度行ってしまう要因が脳に定着して
いる病気です。

カウンセラーは、脳の仕組みを踏まえて依存症を止めるためのサポートはもちろん、
再度、依存行動が表れないようにするためのサポートをしていきます。

AXIAでは、占い依存以外の依存症の相談も多いため、依存症改善に関わって来た
カウンセラーが複数在籍しています。
依存症が改善していく傾向も知っていれば、依存症が再発する傾向についてもよく
知っています。

カウンセリングでは、改善していく傾向に沿って占い依存症の方の心理状態や生活習慣
が変化していくように促していきます。

面談での占い依存克服カウンセリング

基本的にカウンセリングは面談形式で行います。
依存症の場合は、話を聴くことはもちろん、依存症のメカニズムを説明して改善
に必要なことは何かを理解していただくことに力を入れています。
それは、依存症は自分が依存状態であることを認めることで改善の可能性が大きく
なるからです。

占い依存症の場合は、先のことがわからないという状態に過剰なストレスを感じて
いて、そのストレスの回避として占いに頼っている傾向があります。
そのため、先のことがわからないままでも今自分ができることから実行していく
というメンタリティを養って頂くことが大切です。

電話での占い依存克服カウンセリング

電話カウンセリングの利点は、遠方からでも相談ができるという点です。
占い依存症の方は、電話カウンセリングを希望される方が他の相談内容に比べる
と多いように思います。

電話の場合でも、面談カウンセリングと方針は大きく変わりません。
依存症のメカニズムをよく理解して頂くところから克服が始まります。

 

まとめ

占い依存だけでなく、依存症は克服可能な心の病です。
自分が依存症であることを認め、依存症の特徴をよく知り、克服のための行動を継続
することが克服につながります。

脳内では、無意識に行われている活動と意識的に行っている活動が行われているので、
脳機能の観点から依存症になる理由や依存症が改善する理由をよく理解している人に
相談することが望ましいと言えます。

AXIAでは、話をよくお聴きする上に依存症に関する説明や克服に必要なアドバイス
も行っていくので、占い依存症にお悩みの方はご相談下さい。

 

こんな記事も読まれています

 

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA

カウンセリングは大阪のAXIAへ