性犯罪は依存症である

性犯罪は、犯罪であると同時に依存症です。

依存症は、簡単な表現で説明すると
『わかっているけどやめられない行動』
のことです。

依存症は、上記のような特徴を持っているので、一度性犯罪で逮捕されても、
逮捕されることがわかっていても止められないため、再犯をする人も多いのです。

例えば、過去に性犯罪を犯して逮捕され、その後反省してから10年以上再犯
をすることなく生活していた人が、いくつかの要因が重なった結果再犯をした
ということでカウンセリングに来られるというケースも何件もあります。

再犯をしてからカウンセリングを受けている

性犯罪を止めるためにカウンセリングに来られている方の多くは、2度目、
もしくは3度目の逮捕されています。
本来なら、1度目の逮捕の後にカウンセリングを受けて改善していく必要がある
のですが、後悔をしているし、反省しているのでもう性犯罪はしないと思って
カウンセリングを受けるという選択肢を持たないのです。

しかし、性犯罪は依存症であるため、正しい改善の取り組みをしなければ、
脳に定着した性犯罪を引き起こしてしまう回路が刺激された時、過去の逮捕の
ことなどはなかったかのように衝動を行動化してしまうのです。

そんなことにならないように性犯罪を犯した人は、逮捕され釈放されたらすぐに
カウンセリングを受けるべきです。
本来なら、逮捕されなくても1度性犯罪を犯した時点で、自分は普通ではない
ということを悟りカウンセリングを受けて頂きたいと思っています。

性犯罪抑止対策となる依存症対策

依存症であることを認める

依存症のカウンセリングは、他の相談のカウンセリングとは少し違いがあり
ます。
話を聴くという点は同じですが、依存症の場合は自分が依存症であると
いうことをしっかりと自覚してもらう必要があるので、依存症に関する詳しい
説明や話を聴いた上でのカウンセラーの所見をしっかりとお伝えします。

カウンセリングを止めないことが大切

依存症の人は、自分の行動によって自分自身の状況が悪くなっていたり、
家族や他人に迷惑を掛けているので、そのことと向き合うことが辛くなり
カウンセリングを勝手にやめてしまう人も少なくありません。

そして、しっかりと改善が進んでいない状態であるため、依存症が再発して
しまう人も多いのです。

性犯罪の場合、他の依存症の人よりはカウンセリングを複数回受ける人は
多いのですが、自分が犯罪者であるということを認めて話すことが辛い
ということ、自分は後悔も反省もしているから大丈夫だという思い込みが
影響して10回以内にカウンセリングを中断してしまう人は多いのです。

止め続けるためのカウンセリング

依存症の場合、カウンセリングは依存行為を止め続けるための手段です。

依存症であるということは、脳に依存行動を起こしてしまう回路を持った
まま生きていくということです。
そのため、脳に回路はあっても再発させないためにカウンセリングが必要
なのです。

性犯罪を止め続けるためには、カウンセリングを受けること、そして自分
の過ちを心の底から認めることが必要です。

日本で有数の性犯罪加害者のカウンセリング実績

AXIAは、日本で性犯罪の改善に積極的に取り組んだ最初のカウンセリング
ルームだと思います。
現在でも全国各地から相談の依頼が入ります。
おそらくですが性犯罪のカウンセリングでは、大阪は1番、日本でも指折りの
実績があるでしょう。

多くの性犯罪者とカウンセリングを通じて関わってきた中で、どのような人は
改善の可能性が高く、どのような人は再犯の危険性が高いかもある程度判断
することができます。

そのため、カウンセリングでは、現在のクライエントがどのように変化する
ことが性犯罪をしない状態になるのかというビジョンを持って対応しています。
ただ漠然と話を聴いていても性犯罪も他の依存症も改善することはありません。
カウンセラーが改善のビジョンを持って、性犯罪をしない人への変わるための
アドバイスを続けていく必要があります。

もし、この記事を見ておられる方が、性犯罪をしてしまった、家族が性犯罪で
逮捕されたということであれば、いち早くご相談下さい。
依存症は、後悔と反省だけでは改善しません。
性犯罪を犯してしまったのなら、カウンセリングを受けてしっかりと改善して
いきましょう。

性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪の抑止を支援するカウンセリング|大阪のAXIA

性犯罪を止めるために必要な情報をまとめた電子ブック
詳しい説明を確認するには画像をクリックして下さい。

性犯罪を止めるための読む電子ブック

カウンセリングの予約|大阪のAXIA
カウンセリングは大阪のAXIAへ