リストカットは心の葛藤が表面化したもの

リストカットを生み出している心理を聴く

カウンセリングでは、リストカットをしているけど止めたいという方からの相談にも
対応しています。

リストカットをしている人に共通しているのは、リストカットをするまでに至った
心の悩み、葛藤を親に聴いてもらっていない、親に対して怒りの感情がある、または
親以外でも人間関係で怒りを抱える出来事があったとしても我慢せざる状況という
ような共通点があります。

リストカットは、本来他人に対して向かう怒りが自分に向いた結果として実行して
しまうという傾向があります。
人は何らかの動機がないと、リストカットのような形で自分の体を傷つけたりは
しないのです。
リストカットをしておられる方は、誰もが心に消化できない思いを抱えておられます。

カウンセリングでは、リストカットをしていること自体よりも、リストカットを
せざるを得ない心理状態に焦点を当てて話を聴かせて頂きます。

 

リストカットという代理行為

上記でも説明しているように、リストカットをしている人の背景には、必ず他人が
存在しています。
そして、その他人は親や恋人である場合も少なくありません。

リストカットは、他人に対する怒りの感情が自分に向いているのですが、怒りという
感情でつながっている人間関係は心に大きな負担となります。
そのため、怒りを少しでも誤魔化すためと怒りの対象となっている相手との関係を
『切りたい』という思いの表現としてリストカットを行っている人が多いのです。

リストカットが、身近な人との関係が原因で生まれる心の葛藤が表れている行為で
あるというのは、本来は安心や信頼を感じる関係性を築きたいのにそれができて
いないという思い、そういう思いがあるので相手との関係を切りたくても切れない
という思いが複雑に絡み合って、行動化されているということです。

リストカットは自分で自分を傷つける行為であり、自傷行為の一つではありますが、
自殺をすることが目的ではないのです。
葛藤からの解放、葛藤を生み出している関係の拒絶を意味している行為です。

そのため、一見明るく、飄々としている人、一見精神的に強そうだと感じられる人が、
実はリストカットをしているということもありえます。

 

リストカットを止めるためのカウンセリング

リストカットをしてしまう動機は、その動機を生みだしている葛藤が治まらないと
無くなりませんが、人間は生活している中で全く葛藤のなく過ごすことは難しいと
言えます。

そのため、カウンセリングは、話を聴かせて頂きながら、人生の中で生じる葛藤に
対して柔軟に対処していく力を養って頂くことを目的に行っています。

相談依頼が『リストカットを止めたい』ということであっても、カウンセリングの
中では親子関係、恋愛関係や夫婦関係などについて思っていることを沢山話して
頂いて、一旦は心の葛藤を軽くしていただければと思います。

その上で、葛藤に負けないように心を成長させるためにもカウンセリングを活用
して頂ければ、自分の気持ちをリストカットよりも良い方法で受け止めてあげる
ことができるようになってきます。

リストカットを止めたいという方は、一度カウンセリングを受けてみて下さい。