沈黙が気になる

カウンセリング中では、沈黙が訪れることは少なくありません。

カウンセラーの中には、沈黙が苦手という人もいます。
クライエントが無言になってしまうと耐えきれずに話出してしまうという
カウンセラーがいるかもしれませんが、それは決していいことではありません。

自分がカウンセリングをしたら、クライエントが無言になることはないと
思っているカウンセラーがいるとしたら、それはクライエントが安心して
沈黙することができるカウンセリングができていないからかもしれません。

カウンセリングにおける沈黙の時間はとても意味のある時間なので、
カウンセラーは沈黙が生まれる理由を知っていなければなりません。

このページでは、カウンセリングにおける沈黙について説明しています。

 

カウンセラーの想像力と沈黙

カウンセラーは、カウンセリング中に無言になっているクライエントに対し
温かい気持ちで待ち、沈黙しているクライエントに対して想像を巡らせる
ことが必要です。

・クライエントが自分と対話しているのかもしれません。
・もしかしたらカウンセラーに対する抵抗かもしれません。
・話したいことがあるけど、秘密を守ってもらえるのかという不安がある
 のかもしれません。
・話すことを必死に整理しようとしているのかもしれません。
・カウンセラーの言葉を待っているのかもしれません。
・話すことにエネルギーを使って休んでいるのかもしれません。

 

クライエントが沈黙する理由はさまざまです。
カウンセラーは、沈黙しているクライエントを観察して、クライエントは
しゃべらない理由を想像することでカウンセリングの展開を考えることが
できなければなりません。

また、男性は何かを考えている時には無言になりやすいので、男性のクライ
エントが沈黙している時は、カウンセラーがクライエントが話し始めるのを
待つことができないと、気づきや洞察のあるカウンセリングになりません。

カウンセラーは、沈黙の時間が生まれそうなら、上手に沈黙に誘導すること
が出来なければならないし、クライエントにとって意味のある沈黙を生み
出せるカウンセリングができることが望ましいと思います。

 

まとめ

カウンセリングの中で生まれる沈黙は、悩みの解決やクライエントの成長
につながる大切な時間であることもあります。
そして、そのような沈黙は価値のある時間です。

時には、カウンセラーに対する抵抗、話をすることへの不安、思考が整理
できない状態、などによる沈黙が生まれることもあります。

カウンセリングの中で沈黙が訪れることは度々ありますが、カウンセラー
は沈黙に動揺することなく、沈黙の理由を把握してカウンセリングを
進めていくことが大切です。

 

 

カウンセリングとは何か    ・カウンセリングの経過    ・カウンセリングのルール
悩みを解決する3つの効果   ・カウンセリングの副作用   ・病院とは何が違うのか
カウンセリングの卒業     ・良いカウンセラーとは    ・無料カウンセリングは危険
アプローチ方法の違い     ・安全性と専門性       ・カウンセリングへの依存
カウンセリングが辛い     ・大阪のカウンセリング事情  ・カウンセリングの社会的評価

カウンセリングは大阪のAXIAへ    カウンセリングの方法、料金

カウンセリングの予約