何らかの事件に関するニュースでは、その事件の犯人の人柄について知り合いが
語っている特徴に『真面目な人』というものが取り上げられていることがあります。

『なぜ、知人から真面目だと思われている人が事件を起こしたのだろうか?』

という疑問について心理的な観点から考察したいと思います。

犯人の印象が『真面目な人だった』になる理由

周囲から『真面目』だという評価を受けているけど、それ以外の心理的な特徴は
あまり認識されていない人はいませんか?
学校の中や職場で、真面目だということはわかっているけど、それ以外はその人
を表現する言葉が思い浮かばないという人です。

勉強を頑張っていたり、仕事を黙々とこなしているけど、積極的に他人と会話を
しない人は、周囲の人から真面目だとは認識されていても、それ以外の印象を
持たれないことがあります。
そのような人の多くは、自分に与えられた課題にしっかりと向き合っていたり、
ルールを守って生活をしているという意味で、社会に適応できる人であると言え
ます。

環境によって言動のギャップが大きい人

しかし、真面目な本当にまじめな一面を持っているのも確かだけど、何らかの
理由で自分の本音を表現したり、自分の生活の中で上手く満たすことができず、
不満を抑圧してしまっている人がいるのも事実です。

そういう人たちは、自分の気持ちを表現することは苦手なので、公の場では
大人しい人、物静かな人として見られることが多いです。

大人しく、物静かでいることが自分にとって楽で、表現したいことや人と関り
たいという思いを抑え込んでいるわけではないという人は、クラスや職場と
いった公の場でも、家庭や身近な友人との関係といった小さなコミュニティの
中でも、その人の言動にギャップはないのですが、自分の思いを抑圧している
ことで大人しい、物静かだと思われている人は、家庭や身近な友人との関係
では、激しい感情表現をすることが多かったりします。

そのような人は、自分の本音を抑圧しているため、抑圧することが必要ない
相手や他人に感情をぶつけても良いと認識した場面では、激しい言動に出る
ことがあります。
その中には、抑圧している思いが犯罪という行為につながってしまう人も
いることが、犯罪を犯した人が真面目な人だったという印象を持たれている
要因だと思います。

抑圧された思いの矛先

抑圧された思いというものは、『今、この瞬間』に発生したものではなく、
過去の人間関係や出来事の影響を受けて生じたものであることが多いので、
その思いが解放される時間や場所、そして対象者は今持っている感情が
生まれる原因ではないということになります。

自分の本音を抑圧していて、その思いを不適切な時間と場所で、不適切な
相手に向けることは、犯罪を生む恐れがあるのです。
犯罪にならなくても、相手を理不尽な理由で傷つけたり、負担を負わせる
ことになってしまいます。

犯人とは何ら関係性のない人が危害に合うという犯罪が起きる背景には、
抑圧された思いが、その人の中で歪んだ上で、不適切な時間と場所で
不適切な相手に向けられた結果であると考えています。

その上で、真面目に物事に取り組む一面を持ちつつも、本音を抑圧する
習慣が大人しく、物静かに見える人物像となっていた人が、抑圧していた
思いを不適切に行動がした時、犯罪につながているケースがあるのだと
思います。

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA