不倫や性犯罪は性依存症という病気

夫が性依存症で、不倫や性犯罪などを繰り返していたことが明らかになると、女性は
今後どうするのか決断に迫られます。

夫の不倫や性犯罪の事実を知った後は、感情が不安定で冷静に物事を考えることが
難しく、どのような判断をすればいいのか迷ってしまう女性は少なくありません。

普通なら離婚をするだろうと思うかもしれませんが、妻の立場から容易に決断できる
ことではないのです。
特に子供がいて、幼いほど決断に迷いが生じます。

夫が不倫や性犯罪をしたという事実が分かった場合、妻である女性にはいろいろな
声が入って来ると思いますが、自分の本心を大切にして決断することが望ましいと
思います。

夫が性依存症だと判明した時

夫が不特定多数の人と浮気を繰り返していたり、明らかに変わった性癖を持っている
ことがわかった場合、または性嗜癖行動によって犯罪を犯した場合は、性依存症で
あると思ってもらって良いかと思います。

夫が性依存症だとわかっても、離婚をした方が良いのか、離婚をしない方が良いのか
判断が難しい時は、
夫が自分が性依存症であることを認め、改善していこうと考えているか
という意思を確認してください。

性依存症は、改善しなければ同じ過ちを繰り返して、妻や他の人に迷惑を掛ける可能性
が非常に高い病気です。
そのため、夫が性依存症であると認めない、改善のためにカウンセリングを受ける気も
ないとなると一緒に生活をするリスクは大きいと言えます。

夫の性依存を止め続ける決意と妻の決意

    性依存症で不倫をしたり、性犯罪を犯した男性は、まずは性依存症であることを認めて、
    それを止め続ける決断と行動をするということを奥さんに宣言すべきです。

    妻の立場としては、その宣言を聴いた上でも感情的に許せない、辛いと思う場合は離婚
    という判断をしても仕方がないと思います。
    反対に、夫の宣言を聴いて支えていこうという思いになったのであれば、それも一つの
    選択です。

    性依存症の相談は、不倫も性犯罪もたくさん対応していますが、カウンセラーとしては
    家族の決断を応援するという方針を取っています。
    離婚をするという決断になっても、それを前提で男性の改善はサポートしていきますし、
    離婚をしないとなった場合は、性依存症の夫はもちろん、夫を支える妻をサポートして
    いきます。

    相談するなら本心を聴いてくれる人へ

    夫の不倫、性犯罪の事実が明らかになった後、誰かにそうすればいいか相談したいと
    思ったら、その相手が自分の本心を聴いてくれるかどうかよく考えてください。

    「離婚をした方がいい」というのは簡単です。
    よく話も聴かずに人生に影響を与える大きな決断を勧められても困ると思います。

    人生への影響が大きな決断が必要な問題だからこそ、本心をしっかりと確認すること、
    そしてどの決断をするにしても覚悟をする必要があるので本心を聴いてからアドバイス
    をしてくれる人に相談してください。

    性依存症の夫と別れるか、それとも支えていくのかというのは、あなたの大切な人生の
    重大な決断になります。
    その決断を重さをしっかりと受け止めて話を聴いてくれる人に相談しましょう。

    周囲にそういう人がいないという場合は、カウンセリングを利用してください。

    カウンセリングのサービス、料金覧|大阪のAXIA

    カウンセリングで対応している相談内容一覧

    カウンセリングの予約|大阪のAXIA

    カウンセリングは大阪のAXIAへ