口の震えが気になって人と話すのが怖い

話す時に口が震えるという悩みを持っている方がおられます。
そのため、若干ですが言葉がスムーズに出ないように見えるため、それを他人に
知られることが怖いという悩みになります。

特に、初対面の人、仕事の取引先、先生と話す時やスピーチやプレゼンをする時
などは、口の震えが出ないか気になるし、実際に口の震えが出ると話すことに
集中できなくなってしまうのです。

口の震えは表情恐怖症

口の震えがでるため話すのが怖いというのは、表情恐怖症の特徴の一つです。
さらに表情恐怖症は対人恐怖症の一種なのですが、口が震えていること自体では
なく、口が振るえている自分をどう思われているのかという不安が悩みのと
なっています。

話している時に口が震えるのを感じた時、まずはそれに焦りや戸惑いを感じたと
します。
そして、別の機会で話をする際に、また口が震えるのではないかと思うと口が
震えだしてしまったという経験をして、その後も同じような体験を繰り返すうち
にどんどん話をするのが怖くなります。

予期不安といって、パニック障害が起きる時のきっかけともなる心理反応ですが、
話すときに口が震えるという現象がたびたび起きる人は、予期不安が強くなって
いる可能性があります。

 

カウンセリングと予期不安の克服

カウンセリングでは、口の震えのことで相談に来られる方がおられますが、
カウンセラーと話している時に口の震えが出ていてもカウンセラーは特にそれを
問題視しません。
口が震えていても、話したいことはしっかりと伝えてもらえるし、口元の動かし
方の話をしたからといって改善できるものではないからです。

それよりも予期不安を生まれる思考パターンに注目をして、その方が困っている
会話の場面に合わせた対処法や思考の整理を行っていきます。

多少口が震えるとしても、話をする相手からすればコミュニケーション上特に
問題はありません。
しかし、口が震えることが問題だと認識していれば、口の震えを自覚するほど
話すことよりも口の震えに意識が向いてしまい、コミュニケーションがうまく
とれなくなってしまいます。

カウンセリングでは、話をよく聴かせてもらいながら、口を振るわせてしまう
心理に注目して改善を目指していきます。
会話中に出る口の震えが怖いという表情恐怖でお悩みの方はカウンセリングを
受けてみて下さい。

 

 

こんな記事も読まれています

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA