DV、モラハラのない生活を送るために

傷ついた女性

カウンセリングでは、DV(ドメスティック・バイオレンス)
モラルハラスメントに関する相談を受けることがあります。
以下は、DV、モラハラと表記します。
DV、モラハラについては、被害者からの相談もあれば、
加害者がDV、モラハラを止めるためにカウンセリングを
受けに来られるケースがあります。

DV(ドメスティック・バイオレンス)

DVとは、身体的な暴力のことを指すと考えている方がおられますが、
実は身体的暴力に加え、精神的暴力、性的暴力、経済的暴力、社会的暴力などがDVに
当たります。

身体的暴力は、物理的な刺激を相手に与えることによって、身体にストレスを与えること
を言います。
精神的暴力はいわゆるモラハラのことで、言葉や行為によって相手に恐怖心、不安感、
不快感などを与えること、相手の尊厳を損なうことです。
性的暴力は、性に関する言葉、行動により身体的、精神的に危害を与えることです。
経済的暴力とは、生活費を渡さない、お金の使用に厳しい制限を与える、収入を教えない、
経済的な自立を妨げるなどが該当します。
社会的暴力は、相手の行動、人間関係について関心を持たない、制限を与える、自由な
行動させないなどです。

上記のようにDVに該当する行為はさまざまですが、DVをしている側も受けている側も、
自分達の関係の中で行われている行為がDVだということを自覚していない
こともあります。

モラルハラスメント

モラハラは、上記で説明した通り精神的暴力のことを言います。
相手の体に直接危害を加えるわけではないので、DV以上に自分がモラハラをしている
ことには気づきにくいと言えます。

モラハラは、言葉や態度、行為によって相手の尊厳を損なう行為ですが、モラハラの
被害者も最初は自分がモラハラを受けていると気づきにくく、加害者はもっと気づき
にくいため、人間関係が修復不可能なところまで続いてしまう傾向があります。

DV、モラハラをする人が抱えている問題

DVやモラハラを受けた人が傷ついた心を回復させるためには、相手の行為が問題ある
ものだと認識して、自分が不適切な行為を受ける理由はなかったことを認識することが
必要です。
また、DVやモラハラをしてきた人が、その行為を止めるためには自分は行っていたこと
がどれほど問題のある行為かを認めなければなりません。
以下には、DVやモラハラをしてしまう人の心理や特徴についてまとめています。

DV、モラハラをする人の心理

DVをする人の心理的特徴としては、独占欲の強さ被害者意識があります。

男性で女性に対してDVをする人には独占欲いので、DVが始まる前に束縛があり、
その束縛に抵抗をしているうちに
DVが始まるというケースが多いように感じます。
女性で男性に対してDVをする人は被害者意識が強いので、自分は傷ついている、不当に
扱われたからDVに該当するようなことをするのは仕方がないという心理であることが
多いように感じます。

モラハラに関しては、DVと同じような心理的特徴がありつつ、一見正論のようなことを
言って相手を追い詰めることによって、自分は決しておかしいことを言っているわけでは
ないという感覚で自分のモラハラを正当化している傾向があります。
そのため、客観的には矛盾していたり、論理的に成立しないことでも自信満々に主張して、
相手との関係で主導権を取ろうとしてくる傾向があります。

上記のような特徴を持っている方たちには、下記のような特徴が表面化しています。

DV、モラハラをする人の主な特徴

DVやモラハラをする人は上記のような心理を抱えている上に、言動の中に以下のような
特徴が見受けられます。

DVやモラハラをする人の言動に表れる特徴
  • 自己中心的で、自分の要望が通らないと大声を出したり、ものに当たったりする。
  • 否認の心理が強いため、問題があると他人や環境にばかり原因があると言う。
  • 自分が正しいという思いが強いため、相手の意見を否定して自分の正当性を主張する。
  • 自分のことを偉いと思っていて、他人のことを否定ばかりしている。
  • 威圧的、高圧的な態度に出ることが多い。
  • よく嘘をついて、自分が不都合なことは誤魔化そうとする。

DV、モラハラに悩む人のためのカウンセリング

DV、モラハラという行為に悩んでいる人は、それらの行為を受けている人です。
AXIAでは、理不尽にDVやモラハラを受けている人が、そんな生活から抜け出すため、
または心のダメージを回復させるためにカウンセリングを行っています。
それと同時に、DV、モラハラをしている人が、その行為を止めるための相談にも対応
しています。

DV、モラハラの被害者のためのカウンセリング

DV、モラハラを受けている人は、不安や恐怖などを抱えていて、トラウマが生じる
ようになっている人がいたり、自尊心が低下してDVやモラハラを受けるのは自分が
悪いという罪悪感を抱えさせられていることもあります。

カウンセリングでは、心のダメージを回復させること、穏やかな日常を取り戻すこと
を目的に進めていきます。

DV、モラハラを受けたことをカウンセラーに話すことは、負担を感じることもある
ので、自分のペースで少しずつ話を聴かせていただくようにしています。

DV、モラハラの加害者のためのカウンセリング

DV、モラハラを止めたいということでカウンセリングに来る人もおられます。

DV、モラハラが止められない人は、表面に表れているDV、モラハラという問題
とその行為を生んでいる心理的な問題を同時進行で改善していく必要があります。
一時的にDV、モラハラを止めることができても、心理的な問題を解決できていな
ければ、DV、モラハラが再発してしまうことがあるからです。

DV、モラハラを止めるためには根気よくカウンセリングを受けていただくことが
必要です。

夫婦、カップルで受けるカウンセリング

DV、モラハラは、夫婦同士、恋人同士が被害者と加害者であるということも少なく
ありません。
そのため、一緒にカウンセリングを受ける人もおられます。

一緒にカウンセリングを受けていただく場合は、毎回お二人とカウンセラーの3人で
話を進めていくのではなく、3人で話をしたり、男性と女性が別々にカウンセリング
を受けていただくなど、問題の解決の過程で必要だと感じる方法を取っていきます。

カウンセラーの方から、別々に話をすること、3人で話をすることを提案するだけで
なく、クライエント様からの要望をお聴きしてカウンセリングを行うこともあります。