吃音の克服

上手く話せないことをどう思われているか不安

「き、き、き、き、き、今日は・・・」、「きーょうは」、「・・・今日は」という風に
話し始める時に最初の文字を連呼してしまう、最初の文字を伸ばしてしまう、最初の文字
がでてこないという話し方になってしまうという方がおられます。

話を聴かせてもらいつつ、吃音の克服音のメカニズムについて説明しながら、どのような
対処ができるかをお伝えします。

吃音症の種類

実は吃音症には2つのタイプがあります。
1つは、発達性吃音といって、2歳~5歳くらいの幼児期に発症するもので、吃音症の9割は
発達性吃音だと言われています。

もう一つは、獲得性吃音といって、何らかの原因で脳の中枢神経が傷を負って発症する場合と
ストレスを受けたり、過去のトラウマがあることで生じる場合があります。
獲得性吃音の発症は、どちらの場合でも10代以降が多いと言われています。

発達性吃音に関しては、幼少期に発生して成人になるまでに自然に治ることが多く、大人に
なってからも残っている可能性は1%ほどのようです。

吃音症で悩んでいるとカウンセリングに来られるケースは、基本的には獲得性吃音の方です。
ある年齢まで大丈夫だったのに、話すとどもるようになって来て人と話すことが怖くなって、
自分に自信も持てなくなったということで相談に来られることが多いです。
相談に来られるのは、高校生から40歳までの方が多いです。
男女比でいうと5:1くらいです。

 

吃音症のためのストレスケアと受け入れる訓練

吃音症の原因がストレスやトラウマの場合、ストレスのケアが重要になります。
ストレスが原因で吃音になって、吃音であることに悩むからさらにストレスが掛かって吃音
が改善しないという悪循環に陥っている方が多いので、吃音になった経緯を聴いたりして、
ストレスのケアを行っていきます。
自分が人に知られたくない、人にどう思われているのだろうと不安になっていることを安心
して話せる場所があるということ自体がストレスケアとして効果があります。

更に吃音症の改善には、吃音が出ないようにするということだけに囚われるのはなく、吃音
があっても大丈夫だという認識も高めていくことが、結果的に吃音が少なくなったり、出なく
なったりすることにもつながります。
それは、吃音を過剰に恐れていると原因であるストレスを生んでしまうからです。

吃音で悩んでいてカウンセリングを受けようかと思っている方は、ストレスのケアと吃音の
受け入れという両方から改善を試みるという認識を持っておくといいでしょう。

 

子どもの吃音症で悩む方へのアドバイス

吃音の相談は、ご本人だけでなく親御様が来られることも多いです。
お子さんの年齢は主に幼稚園から小学生です。
親御様には主に下記のようなアドバイスをさせて頂いています。

・親が子供に話しかける時には、ゆっくりと話すことが大切
・親は子どもが話し終わってから、一呼吸おいてから話し始める
・親は子どもが話している時に吃音が出ても、指摘せず、遮らずに最後まで話を聞く
・子どものスケジュールを塾や習い事で埋めすぎないようにする
・毎日親と子どもが一対一で関わる時間を持ち、安心感を与えてあげる

お子さんが吃音で悩んでいるという方は、上記のような取組みをしていただくといいかと思う
のですが、取組みを継続するには親の心の余裕が必要ですので、取り組みを行いつつお子さん
の様子を話したり、自分の苦労を話して心の余裕を作るためにカウンセリングを活用している
からもおられます。

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約