カウンセリングのQ&A

カウンセリングにはどんな人が来られますか?

  カウンセリングに来られる方の傾向について、いくつかの観点から説明します。
  カウンセリングを受けるという時は、悩みを抱えていたり、困っている時だという方が
  多いため、どんな人がカウンセリングに自分の悩みはカウンセリングで聴いてもらえる
  のか確認したいと思う方もおられると思います。
  予約をする前に下記の内容をご確認下さい。


男女別

  男女比で言うと、男性4、女性6くらいの割合だと思います。
  恋愛や夫婦関係の相談の場合は、カップル、夫婦で一緒に来られる場合もあります。
  また、セクシャリティの悩みで相談に来られる方もおられるので、性的なマイノリティで
  あるという方からの相談もお受けいたします。

  他のカウンセリングルームに比べると、経営者やアスリートの相談を受けているので男性
  の割合が大きいかもしれません。


年齢別

  年齢別に言うと、20代と30代が多いです。
  次いで、40代、10代、あと50代以上といった感じです。
  2016年以降は、40代の方からの相談も増えています。
  カウンセラーの年齢が上がるにつれ、上の年齢の方の相談が増える傾向があります。


職業別

  職業で言うと、サラリーマン、OL、公務員、主婦は多いように思います。
  経営者やアスリート、お医者さんをはじめとする医療従事者の方も来られます。。
  学生も心の病や不登校、就職活動や恋愛の相談に来られる方がおられます。
  時には、職場の上司、部下という組み合わせでカウンセリングを受ける方もおられます。


相談内容

  相談内容別にみると、心の病や症状を抱えた方、恋愛、人間関係の悩みは多く、その他は
  経営者の方やアスリートのコーチング、カラーセラピーに来られる方もあります。
  臨床件数が年間1000件を優に超えるカウンセリングルームですので、上記以外の相談で
  来られる方もおられますので、こんな相談は可能かと思われる場合はお気軽にお問い合わせ
  下さい。



  質問一覧のページへ



メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ