うつ病の人にどう接すればいいのか?

家族の中にうつ病になった人がいる、会社の中にうつ病で休職と復職を
繰り返している人がいるという人から、
「うつ病の人にどんな接し方をすればいいのか?」
「うつ病の人に何て声を掛ければいいのか?」
という相談を受けることがあります。

身近な人がうつ病になった場合、その人のことを心配しているからこそ
何か力になってあげたいけど、自分の関わり方でもっと悪くなったら
どうしようと考えてしまうこともあるようです。

うつ病の人に頑張れと言ってはいけない

【うつ病の人には頑張れと言ってはいけない】という情報を聴いたこと
があるという人も多いと思いますが、このような情報もうつ病の人との
関わり方を難しくしているのだと思います。

では、本当に頑張れと言ってはいけないのかというと、これはうつ病の
経過状況とうつ病になっている人と声を掛ける人との関係性によっては
「頑張れ」と言っても良い場合もあります。

うつ病が回復段階にあり、本人に意欲が生まれてきているのであれば、
行動を促すための「頑張れ」ではなく、応援しているという気持ちを
表す「頑張れ」という声を掛けるのは、本人の援助になることもあり
ます。
ただ、それはうつ病である本人が、安心して接することができる人から
の声掛けであることが重要などで、基本的にはうつ病の人には頑張れと
言わない方がいいという認識を持っていた方がいいでしょう。

どんなうつ病なのか

うつ症状が出ていて病院に通っている人の中にも、自分はうつ病だと
周囲に公言する人もいれば、うつ病であることを認めるのに抵抗があり、
自分がうつ病であると周囲に知られたくないと思っている人もいます。
おそらく、世の中の多くの人がうつ病患者だと認識しているのは前者
のタイプです。

うつ病は、内因性と心因性といううつ症状が出る原因の違いがあったり、
症状の出方やうつであることの自覚の有無という違いがあります。
どんなタイプのうつ病かによって、どのように接することが望ましいか
も違うので、そういう点もうつ病の人への接し方の難しさにつながって
います。

まとめ

身近な人がうつ病になった場合、どのように支えていけばいいのか悩んで
しまうと思います。
それは、上記のような理由から考えると当然のことです。

家族や同僚がうつになった時、どのように接するかは、その人の症状や
うつになった原因、さらに経過段階や関係性などを考慮して接し方を
見極めていく必要があるので、専門医やカウンセラーに相談することが
大切です。

身近にうつになった人がいて心配だという方は、一度カウンセリングを
ご利用下さい。

 

カウンセリングとは何か    ・カウンセリングの経過    ・カウンセリングのルール
悩みを解決する3つの効果   ・カウンセリングの副作用   ・病院とは何が違うのか
カウンセリングの卒業     ・良いカウンセラーとは    ・無料カウンセリングは危険
アプローチ方法の違い     ・安全性と専門性       ・カウンセリングへの依存
カウンセリングが辛い     ・大阪のカウンセリング事情  ・カウンセリングの社会的評価

カウンセリングは大阪のAXIAへ    カウンセリングの方法、料金

カウンセリングの予約|大阪のAXIA