こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

 

仕事や人間関係、恋愛。
AXIAでは 様々なご相談をお受けしていますが、はじめは上記のような
相談内容で来られていても、カウンセリングを継続されるなかで、
実は根本の部分に親子関係による影響があると見えてくることが多々あります。

 

 

例えば、自分の意見がないという人
なぜそうなるのか。
影響のひとつとして、幼少期からの親子関係や家庭環境が関係しています。

 

自分の意見がない人は、まず、そのことにご自身で気が付くまでに時間が掛かかります。
人から指摘されて気が付くケースもあれば、仕事や対人関係で何らかの悩みがあり
自分自身で色々と考えを巡らせた結果「自分には、自分の意見というものがない」と
気が付いた、という方もいます。

 

また、このブログを読んでいる途中で「自分もそうかも」と感じた人も、
“そういえば、そう言われてみれば…” と、これまでの自分自身を振り返ると、

感覚として何か違和感を覚えていても、その自分の感情に意識を向けることも
特にしないままなんとなく周りに合わせて接してきていたり流れに任せる
ということが当たり前の行動になっていることに、改めて自覚するかもしれません。

 

 

最初の方に書いたように、自分の意見が無いという状態には、幼少期からの
親子関係がひとつの影響としてあると考えます。
しかし、それまでの家族以外の人間関係も含めてあらゆる対人関係のなかで
どんなことを経験して何を学んだのか、そこから何を身につけたのか。

それらが人によって違う限り、親とは関係のないところで自分の意見は持たずに
周囲にあわせることで何かから自分を守ることが必要だと身についた可能性もあります。

だからこそ、カウンセリングでは、通り一遍おなじことをするのではなく
まずはよくご相談者様のお話を聴かせていただき、一人一人異なる背景を
しっかりと伺った上で、適切なカウンセリングの方向性を検討していきます。

 

ただ、やはりじっくりカウンセリングをすすめていくなかで、下記のように
やはり最後には親子関係にいきつくことが多いのも事実です。

幼少期から親から厳しく育てられ自分の意見を飲み込むことで
 親から怒られるという事態を避けてきていた。

多少不本意でも親の言うとおりに折れることが自然になっていた。

親が、先に答えや進む道を用意していたので本人が自分で考えて
 行動を選ぶという経験が圧倒的に少なかった。

 

 

いきなり「自分の意見を持て」と言われても難しいとは思いますが、
いま自分の感情はどんな感じか、なにを考えて、どんな不満が頭に浮かんだか等、
ひとつずつ、自分の考えや感情を意識することから始めてもらえればと思います。

 

次回は、親に言いたいことを言えないというテーマを元に、今回の続きと
なるような内容を書いていこうと思います。

ぜひ併せて読んでいただけると嬉しいです。

 

親子関係のご相談について

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ