窃盗と窃盗症(クレプトマニア)の違い

 

こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

前回の記事、「万引き依存症(クレプトマニア)とは」では、依存症による
万引きが、金銭的価値や利益を目的としないことについて説明しました。

 

依存症という言葉は簡単に使われてしまいやすいのですが、万引きを繰り返す
という状態だけを見て、万引き依存症だと判断するのは少し早いです。

万引き依存症は、アメリカ精神医学会の診断基準DSM-Ⅴにおいて、
窃盗症(クレプトマニア)と記載されている精神疾患のひとつであり、
世間で起こる万引きが、すべて、窃盗症による行動だとは限りません。

 

依存症による窃盗と、そうでない窃盗。
それぞれの特徴や傾向について、簡単に挙げると下記のような違いがあります。

 

窃盗
・食べていくため、生きていくために盗む
・盗んだものを売る
・欲しいものをお金を払わずに手に入れようとする
・犯行の成功後は、嬉しさ・喜び・満足感がある

 

窃盗症(クレプトマニア)
・金銭的に困っていなくてもする
・盗むという行為自体が目的 (スリル、達成感)
・万引きの成功後は、盗んだ物に用が無い
・女性に多く、また、摂食障害(拒食症・過食症)との合併がみられる
・犯行の成功後に罪悪感を覚える

 

窃盗症は、後悔や罪悪感が、行動の抑制に繋がらないという点も特徴的です。
そのため、一度捕まったとしても その後また繰り返す人が多く、再犯率は
非常に高いとされています。

 

繰り返す万引き行為をやめたい人、やめてほしいと願っているそのご家族は
本当に多くおられると思います。問題行動を変えていくためには、その人に
本当に必要なアプローチを正しく判断することが大切です。

利益目的の窃盗なのか、窃盗を目的とする窃盗なのかを見極めて、適切な対応を
探していくこと、それらをしっかりと継続して取り組むことができる環境を
用意することが必要であると考えます。

 

万引き依存症のご相談について