回避依存症の4つのタイプ①

 

こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

今回の記事のテーマは、回避依存症の4つのタイプです。

 

 

回避依存症には…
独裁者タイプ搾取者タイプナルシストタイプ脱走者タイプ の、
4つのタイプが存在します。

 

独裁者タイプ
威圧的な態度や恐怖を与えて相手を支配します。
そこには完全な上下関係が出来上がり、精神的・身体的暴力で
関係の主導権を握り、相手をコントロールしていくのが特徴です。
(DVやモラハラなど)

 

搾取者タイプ
相手の愛情や罪悪感を巧みに利用し、感情に訴えた、無言の圧力的な
要求の通し方をします。独裁者タイプのように直接的な命令口調で
強いることはありませんが、要求を聞き入れてもらえないとしつこく
不機嫌になったりします。

 

ナルシストタイプ
自分自身を、他とは違う特別な人間であるという世界観を持っています。
自分と同様、他の人もまた特別な存在であるということを認められず、
恋人に対しても自分にとってのひとつのステイタスとして考えている
ところがあります。自己愛が強く、称賛を強く求め、自分を否定したり
指摘してくる人に対しては攻撃的になります。

 

脱走者タイプ
他人から縛られるのを極端に嫌います。
相手からの要求に対し逃げたくなるので、物理的にも、精神的にも、
距離が近付けば近付くほど、離れていきたくなります。
仲良くなったと感じ始めた途端になぜか冷たくなるのがこのタイプです。

 

 

これら4つはそれぞれ違うものに見えますが、以下の点では同じです。

・愛されたいけれど心の距離を縮めたがらない
・心の距離は縮めないが、自分の要求は察してほしい
・支配や束縛をされる可能性から自分を守る

 

表れ方こそ違うものの、4つのタイプともに回避依存症なのです。
ただ、タイプが異なるからこそ、回避依存症であるという可能性に
気が付くパターンも変わってきます。
それらに関しては、次回の記事で書きたいと思います。
回避依存症のご相談について

 

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ