AXIAの人気者、フモフモさんの「もちゃ」

 

こんにちは。AXIAの蔵野です。

今日は、AXIAの人気者をご紹介します。
 

どんっ!


フモフモさんの、もちゃです。

 

AXIAにはカウンセリングに利用するお部屋が2つあるのですが、
そのうちの一部屋にこの子がいます。
主に私がカウンセリングで利用しているお部屋にもちゃが座っているのですが、
クライエントの皆さんになかなかの人気があり、抱っこしてもらいすぎて
ちょっとモサモサになってきました( ˘•ω•˘ )(笑)

普段座らせているのですが、クライエントさんの中には、もちゃを抱きかかえながら
話をする人もいたりします。何かを説明して下さるときに、もちゃの手足を使って
身振り手振りをする人も。

単純に「可愛いから置いておこうか」、くらいの理由で飾っているのですが
私たちカウンセラーが想像していたよりも、臨床現場で思わぬ活躍を
見せてくれています。
「こういうの好きなんです」「ほっこりする」など好評をいただいています。

 

ぬいぐるみを触ったり抱っこしたりすることは、安心感を得られるという心理も
あります。好んでいつも抱っこしてくださる方たちは、きっとそうすることで
落ち着いて話せるのでしょうから、私はそれでいいと思っています。

ただ、ぬいぐるみを触れることは安心を得られるという話をしましたが、
全ての人が当てはまるものではなく、そういう人もいるという風に考えてください。
しかし、おそらくは「分かる気はする」という意見が多いと思います。

 

そして、反対に、机や椅子に叩きつけたり、腕を引っ張ったりぐちゃぐちゃに
丸めてみたりと…そういった触り方をする方もおられます。
この、“少し乱暴にぬいぐるみを扱うものの、だけど手放さずにいつも必ず
抱っこはする”という人は、ぬいぐるみを使ってストレスを発散していたり、
本来なら抱えていてもいつも理性で抑えようとしているような周囲への苛立ちや
フラストレーションの捌け口としてぬいぐるみを使っていることが考えられます。
これは、クレヨンしんちゃんの、ネネちゃんや ネネちゃんのママなどが
わかりやすい例ではないでしょうか。

 

少し心理の話にはなってしまいましたが、今回は、このもちゃのご紹介がメインです。
これまでカウンセリングに来られていても、「抱っこしていいのか分からない」と
思っておられた方は、どうぞ抱っこして下さって構いません。
また、これからカウンセリングを検討されている方も、もしこちらのお部屋になれば
この子がお出迎えしますよ!

いつもと趣向を変えて、カウンセリングルームの雰囲気が少しでも伝わればと思い
こんな記事を書いてみました。 それではまた🌼

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ