こんにちは。AXIAの蔵野です。

前の記事に引き続き、そのままだと問題が大きくなると考えられる
買い物依存症の買い物パターンについて書きます。

 

買うことに、どこか義務感のようなものを感じる

手元になくなった物を補充する目的や、本当に欲しいと思っている物でないのに
新作や限定品が出たらとりあえず買うという人。多いのではないでしょうか?

 

「新しいものが出るなら買いに行かなくては」といった妙な感覚は、義務感や
使命感に近いものです。
「かわいい!使いたい!」という感情に忠実に動いているというよりも、
「使うかどうかは分からないけれど、とりあえず手に入れなければ」という
気持ちが発動し、そのミッションを見事クリアすることに満足感を得ている
状態です。

本当に必要なものや、純粋に「これが欲しいな」と感じた物を、お金を払って
買うことは楽しいと思います。そして満足感は購入後も長く続くでしょう。
気に入ったものを手にして実際に使うときは、ルンルンとした気分になるものです。

満足感が長く得られているかどうかは、ご自身の買い物の仕方が買い物依存症に
よるものかどうかの判断基準のひとつになるので、一度、考えてみてください。

もしあなたが、義務感・使命感によって買い物を繰り返している買い物依存症なら、
買うまではワクワクしていたのに、買ってしまった後は どこか気持ちが満たされず
不思議に感じたことがあると思います。

 

今回記事にした買い物パターンは、義務感・使命感による買い物がテーマでした。
このパターンで気を付けたいのは、ミッションのクリアのために借金を作ってしまう
人が少なくないところです。

現在は借金をしていない・自分の使える範囲で留められている、という方にも、
この記事を読んでいただけて良かったと思います。
今の状態から問題が大きくなる可能性はゼロではないということを十分に頭に入れて
いただき、今後ご自身の状態にどう向き合っていくかを、見つめ直してもらえる機会に
なればと思います。

 

買い物依存症のご相談について