こんにちは。AXIAの蔵野です。

買い物依存症 というものをご存じですか?

字の通り、買い物に依存している状態なのですが、ギャンブル依存症と同じく、
普段の日常生活の中で陥りやすい依存症のひとつです。買い物依存症は、主に
女性に多いとされています。

しかし、「つい買いすぎてしまった」という買い物の経験は誰しもがあると思いますし、
どこからを買い物依存症と呼べるのかは判断が難しいかもしれません。

 

買い物依存症の方全体的にみられる傾向として、特に今日買う必要の無いものを、
出掛ける度に買ってしまったりする方が多いようです。

本当に欲しいと思っているわけでもない物を、なぜか買ってしまう。それを、常習的に
繰り返します。そのために、家に帰っても、その購入品をウキウキとした気持ちで
開封したりといったこともありません。買ったまま、使われることなく、どんどん家に
たまっていく一方であることがほとんどです。

次第に、買い物に使う金額はどんどん大きくなり、ひどくなると、借金をしてまで
高い買い物をするようになります。
繰り返される買い物によって、本人が苦しくなっているにも関わらず、必要以外の物の
買い物が減らせない・やめられないという状態は、買い物依存症の可能性を疑えます。

 

買い物依存症の原因としては、ストレスがあげられます。
ストレスの内容は、その人の周囲の環境や人間関係などによって異なりますが、
カウンセリングをしていて感じる共通点は、家族関係や夫婦関係、恋人関係などからくる
『さみしさ』『葛藤』を抱え込んでいる点です。

そして、そのさみしさや葛藤を上手に解決していくための術を持っておられないのも
特徴的です。ですから、さみしさや葛藤から孤独感を感じても、耐えるという方法しか
とれない方が多いのですが、耐えることで行き場のなくなったストレスが、形を変えて
買い物という行動として表にあらわれるようになるのです。

 

買い物依存症は、本当に欲しいものを買って満足感を得たいという気持ちよりも、
お金を使うことでスッキリする感覚を求めて買い物をしているといえます。

買い物依存症は、直接、金銭的な問題に関わってくるものであるため、少しでも
はやいうちに、依存症改善のノウハウを持った専門家の元を訪ねられ、改善に取り組む
ことをおすすめします。

 

買い物依存症のご相談について