こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

今回も、ギャンブル依存症について書いていきます。

 

ギャンブル依存症でやはり問題になるのは、お金のことです。
独身のときであれば、自分のお金を好きなように使ってもよかったですよね。
しかし、結婚をするとそうもいきません。
色々な夫婦のかたちがありますので、共働きで、結婚後もお財布を各々別に
持っているという夫婦もあれば、夫婦の収入を家のお金としてまとめて管理し、
夫婦ともにそこから月々のお小遣いを決めて使っているという夫婦もあります。
しかし、特によく耳にするのは、結婚後ご主人だけはお小遣い制になっているという
ご家庭です。

家計の管理は大変ですが、そのなかでも、自由に使ってもいい金額をあらかじめ
決めておくことは、管理をする上で明確な上限あるため、いい方法であるとは思います。
ただ、限られた金額の中で生活をするということは、苦手な人もいるのです。
それは、自身の欲求に負けやすく、自制心がうまく働かない方に多いです。

 

そこで、これはギャンブル依存症の記事ですので、例としてパチンコやスロットなど、
ギャンブルをするご主人を例にあげます。

 

お小遣いの中で収まるように遊んでおられる方もいれば、お小遣いを一瞬で
ギャンブルに使い込んでしまう方もおられます。また、一瞬でなくても、お小遣いを
ギャンブルに使ってしまって、本来必要な飲食代や交際費に割くお金が残らず、
お小遣いの前借りをしょっちゅう要求されるというところもあるでしょう。

奥様は、ご主人のそういったお金の使い方に疑問や怒りを覚えておられても、
ギャンブルのことを指摘するとすごい勢いで怒られたり、いわゆるキレられる
という状態になってしまうために、結局、奥様はご主人の思うようにさせることでしか
対処ができずに困っているという状態でのご相談も少なくありません。

 

先程述べた、欲求に負けやすく、自制心がうまく働かない行動を繰り返しやすいのには
理由があります。それは、ストレスと脳の関係によるものです。
カウンセリングではそういった、意思の力では止められないような問題行動は
脳の中でどういったことが起きているからなのかという説明もさせていただきます。

 

何かに依存したり生活に大きく支障の出る程なにかにハマってしまっている人間は、
その行動を依存とは認めません。そして基本的にその行動を続けたいと望んでいるので、
自分のやっている行動を正当化するための理由や言い分を見つけてきて死守しようと
します。
ですから、本人が奥底では気が付いているにもかかわらず敢えて目を背けている
問題の本質に触れた責められ方をされると、怒りという反応で防衛をしようとするのです。

 

そういった心の状態、脳の状態を含めて、改善へ向けてどうしていくのが適切か
それを一緒に考えてくれる専門家にご相談されることが望ましいといえます。
私蔵野は、ギャンブル依存症のご相談の対応経験は十分にございますので、
カウンセリングをご検討の際は、ぜひご相談ください。

 

ギャンブル依存症のご相談について

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ