こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

12月になりました。みなさん、バタバタとお忙しい時期ですね。
師走という字をまじまじと見つめながら、昔の人はなんて的確な言葉を
作ったんだろう…と考えたりしております。

こんな時期からですが、新しいことを学び始めました。
しっかりと身につけ、具体的に始動させられる状況になったら
改めてお伝えしたいと思っています。

 

自分が興味のあることを学ぶのは、ワクワクしますね!
学び終えるのは春頃の予定です。

 

カウンセラーを志した頃から持ち続けている、私がカウンセラーとしてやりたいこと
それは、こどもの心を扱いたいというものです。

大人が考えるよりも、こどもは複雑な思考を持っていますし、普段から
見ている大人たちの状況に合わせて感情を誤魔化して見せたりします。

驚くことに、幼稚園や保育園へ通う年齢、つまり幼児でもこの行動はあるのです。
こどもたちなりの気遣いや、何らかの理由があって言いたいことを言えない心理状態に
なっているのでしょう。

 

私は高校生の頃、それらについてふと考える瞬間がありました。

「幼くても、表に出す感情と出せない感情がある。それは大人となんら変わらない。」
そういう考えが強くなり、見過ごされてしまいがちな「こどもたちの本当の心の状態」
気付いてあげられる立場の必要性を感じるようになりました。

それは私がカウンセラーを目指した最初の動機であり、今も「私がカウンセラーとして
やりたいこと」として持ち続けている目標です。

 

今回学ぶ内容は、それに大きく役に立つスキルを身につけられる勉強だと感じています。

気持ちを言語化することが難しい幼いお子さんだけでなく、もちろん大人の方にも
使えるものです。親子で、またはクライエント様おひとりで、どのような形でも
受けて頂けるようなものに仕上げていきたいと考えています。

そのためにも、まずはきちんと学び終えて、自分のスキルとして定着させることを目指し、
努力していきます!