こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

前回の「すぐに飽きる、恋愛が続かない人①」の続きです。

前の記事では、恋愛をしてもすぐに飽きる…ということについて書きました。
その最後にお伝えした通り、今回は恋愛が続かない理由として傾向の多いもの
についてお話します。

 

いつも恋愛が続かない理由

恋人がいないことが恥ずかしい
恋人がいないことは、恥ずかしいことであるという価値観が強過ぎると、
「付き合えそうだ、付き合えるかも」という雰囲気さえ感じられると、
本当にその人に魅力を感じているわけではなくても、「付き合うこと」を
目標に、自分で自分の「好き」という気持ちを盛り上げてしまうという
ケースもあります。
結局は、自然と好きになれた人とお付き合いしたわけではないため、一緒にいても
心地よさをあまり感じず別れやすくなります。
飽きやすい理由の方で、最初に述べたものと似ているのですが、
好きだと思っていたが実は思い込みだったかもしれないという前者と、
付き合うという目的を達するために好きになりにいっているという後者には
微妙に違いがあります。

 

自分の恋愛観に合っていない人を選んでしまうことが多い
自分はどういう性格で、出来るなら相手にはどんなところを持っていて
もらえれば望ましいかなど、それらを把握できていないと、自分が幸せだと
思える恋愛のかたちを叶えられない、自分と合わない人を選んでしまうことも
少なくありません。
例えば、連絡や会う頻度など。こちらは「恋愛はマメな連絡を取れる方が
嬉しいし安心する」と思っているのに、「頻繁な連絡が大事だとは思わないよ…」
という人とお付き合いすると、やはりどちらかが我慢したりといった負担が
うまれやすいです。
結果、別れも招きやすいといえます。

 

 

 

前回、今回のなかで挙げたものは、あくまでも私がカウンセリングを
しているなかでこういう傾向が多いなと感じたものたちです。
従って、絶対にこういう理由があるということではないため、ひとつの
参考として読んでいただけましたら幸いです。

 

さて、2回にわたり「すぐに飽きる、恋愛が続かない人」について書きましたが、
なぜ自分が飽きやすいのか・恋愛が続かないのかについて、改めて理由を
考えてみたとき、この2記事のなかで挙げたもののどれかに当てはまる
かもしれませんし、それとはまた別の理由が見つかるかもしれません。

 

いつも恋愛が続かないことに気が付き始め、
そろそろ幸せな恋愛がしたい、
結婚を考えると、いい加減長く続く恋愛をしたいと思うようになった、
そんな方は、いつでも必要なタイミングでご相談ください。

 

恋愛依存症のご相談について

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ