こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

みなさんの中に、なぜかいつも恋愛が続かない…という方はいらっしゃいませんか?

カウンセリングにはこのようなお悩みのご相談に来られる方もおられるのですが、
みなさんの声で多いのは、なぜ自分が飽きやすいのか、そしてなぜ恋愛が続かないのかが
わからないというものです。

そこで今回は、私がカウンセリングをしている中で感じた、なぜすぐに飽きてしまうのか
なぜ恋愛が続かないのか、その理由の傾向として多いものを、いくつか挙げてみようと
思います。
(すぐに飽きる理由が、恋愛が続かない理由になっているものもあります。)

 

すぐに飽きてしまう理由

相手を好きになったと思って付き合ったが、そうじゃなかった
相手からの「好き」という熱烈なアプローチを受けると、愛される感覚・
求められる感覚・大事にされる感覚を満たされ、やはりいい気分になります。
それが心地よく、やはり嬉しいため、次第に自分も相手のことを好きだと
感じるようになって付き合いますが、実は相手のことをあまり好きになれていた
のではない、ということも多いようです。
つまり、愛されている自分そしてその状況に気持ちが満たされそれが好きでは
あったものの、相手のことをしっかりと知り、魅力を感じたうえで好きになった
わけではなかった…、こんなケースもあります。

 

付き合う、ということを目的としていた
この人と付き合うことが目的で、それがゴールであるという人。
狙ったお相手と見事交際に発展しても長く続きません。
やっと付き合えても、その人が手に入り、目的が達成された途端、相手に対する
熱心な気持ちや姿勢を持てなくなります。

 

刺激が無くなった
関係の安定を好まず、常にワクワク、ドキドキと新鮮な気持ちにさせて欲しい
という人によくみられる理由です。

 

付き合う前に想像していた彼(彼女)と、現実の彼(彼女)の違いに冷めた
両想いになってから交際までの期間、とても楽しくて幸せな時間ですよね。
その頃に思いめぐらせて想像していた、「彼(彼女)はこんなところがあって…、
きっと付き合ったらこんなこともあって…、」という期待。
その想像と期待と、実際交際してからの現実の彼(彼女)に違いがあり、
気持ちが冷めてしまうということもあります。

 

 

恋愛が続かない、その理由として傾向の多いものについては、
次回の記事でご紹介します。

ぜひ、併せて読んでいただけますと嬉しく思います。

 

恋愛依存症のご相談について

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ