こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

信じたいのに疑ってしまう

好きなのに疑ってしまう自分が嫌だ

これらは、友人との恋愛相談などでよく出てくる言葉ではないかと思います。

 

恋愛もひとつの人間関係です。そのカップルによってそれぞれ背景が異なりますので、
本当に裏切られた経験があって恋人を信じられない人もいれば、
実際に恋人がなにかをしたわけではないのに、なぜかすぐに疑ってしまうという人もいます。

まずは今回の記事で、前者についてお話します

 

裏切られた経験があって恋人を信じられない

一度あったことを「また起きるのではないか」と考えて心配してしまうのは自然なことです。
疑い始めることになったきっかけを作ったパートナー側は、相手の信頼を取り戻すため
努力が大切ですし、その間に、恋人から自分のやったことをチクチクと責められることも、
お辛いでしょうがある程度は受け入れていくことが必要です。

また、疑ってしまう側は、不安ばかりに意識を向けると不安はどれだけでも大きくなるので、
結果的に恋人を必要以上に疑い、責めてしまいかねません。
恋人の、信頼を取り戻そうとしてる行動はどうか?など、不確定要素不安を大きくするよりも
確定要素という「事実」に目を向けるようにしましょう。

 

そうすると本当に必要な疑いと責め方で収めることが出来ますし、不安が必要以上に大きくなる
ことも防げます。また、パートナーは、言われても仕方のないことになら、責められても
理不尽さを感じなくて済むでしょう。

そうした意識と工夫によって、いきなり破局を匂わせてしまうような喧嘩ではなく、
話し合うべき話し合いで終わることは可能になります。

 

ただ、どうしても言葉や声には感情が乗ってしまいますから、先述のようなことが
あたまでは理解できていてもうまくいかないこともあります。
そこについてどうにかする必要性がある場合には、カウンセリングで、感情・気持ちの整理を
することが有効な方法であるといえます。
カウンセリングは強制するものではありませんが、必要に合わせて有効に利用いただき、
恋人との仲をより良いものにしていってもらえれば嬉しく思います。

 

 

後者の「実際に恋人がなにかをしたわけではないのに、なぜかすぐに疑ってしまうという人」
については、また別の視点で考えていく必要があるものです。
こちらは次回の記事でお話していきます。ぜひ併せて読んでいただければ幸いです。

 

恋愛依存症のご相談について

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ