こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

お父さんたちが積極的に育児に関わろうとしている時代です。
お父さんの子育てというテーマでの書籍などが多く出されているので
世の中の傾向としてやはり需要の多いテーマであるのだと感じます。

そこで今回は、子どもの成長においてのお父さんと息子の関係に焦点をあて、
よくある息子がパパにやきもちをやくのは何故かということについて記事を
書きたいと思います。

 

一昔前では、子育て=お母さんというイメージが強かったと思いますが、
実際は、子育てにおいて、お父さんの役割も大変大きいのです。
精神分析学の始祖フロイトも、お父さんの存在が男の子の成長に
重要な影響力をもつことを指摘しています。

 

フロイトの説では、子どもの発達段階エディプス期というものがあります。
子どもが、異性の親(男の子ならお母さん、女の子ならお父さん)に対し
恋愛欲求を向け、同性の親に対して敵対視する時期です。

(今回は男の子とお父さんの関係についての記事なので、男の子のケースについて書きます)

例えば、こどもがお父さんとお母さんが仲良くしていると不機嫌になったり、
「将来お母さんと結婚する!!」などと無邪気に発言したり。
「お母さんはお父さんのお嫁さんだから、○○君は他にお嫁さんを探さなくちゃ」と
言ってみても、本気で嫌がったり悲しんだりするお子さんへの対応に困るといった
状況に身に覚えがある方も少なくないと思います。
あの頃がちょうどこのエディプス期にあたります。年齢で言えば、3歳~5歳頃です。

 

この時期男の子は、お母さんの愛情を独占しようとします。
しかしそのときお父さんの存在を邪魔と感じ、「お父さんに敵わない」というように
お父さんの力に対し劣等感を抱くようになります。
これを、エディプスコンプレックスとよびます。

パパにやきもちをやくこと、「ママはぼくの!!」と不機嫌になるといった言動も、
はじめての子育てのときには特に戸惑うお父さんお母さんがいらっしゃるかとおもいますが、
児童心理の発達段階において、自然な現象ですので気になさることはありません。

 

ただし、工夫できることを探すことは必要であると考えます。
工夫できることについては次回の記事で、
お父さんの存在が男の子の成長に重要な影響力をもつということについては次の次の記事で
それぞれ書いていく予定で考えています。

しばらくは、父親と子育てについてをテーマに記事を書いていきますので、
ぜひ続きも併せて読んで下されば嬉しく思います。
よろしくお願い致します。

 

子どもとの関わりのご相談について

 
 

▼よろしければ、クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ