こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

前回までの記事では、息子が父親へやきもちをやくという内容でお話をしてきました。
たしかにお子さんのその状態は、ご両親が困惑するような成長過程なのですが、
実際、家庭の中でお母さんの悩み事になっているのは、夫が子どもに嫉妬する
という状況なんです。

この、夫が子どもに嫉妬するというお悩みですが、実は本当によく耳にします。

 

お母さんは出産すると、夫への愛情が無くなるわけではないのですが
どうしても子どものお世話に一生懸命になるものですよね。
何よりも先に子どものことへ集中してしまうのも、自然なことかと思います。
しかし気が付けば子どもへばかり構っているとき、ふと夫へ目を向けると
夫が不機嫌になっている。そんな状況ってありませんか?

 

実は、妻の愛情を子どもに独占されているような思いになり、やきもちをやいてしまう
お父さんたちが少なくありません。
お母さんは育児の疲れもありますし、そんなときに夫が、妻からすれば「そんなことで」
と思うような理由で不機嫌になっているのを見るとイライラとしてしまうでしょう。
なかには、子どもと夫との間に身を置いて、どのようにして関係を保てばいいのかを
難しく悩んでおられるというケースもあります。

 

夫の、子どもに対する態度が子どもっぽくなったり、見るからに機嫌が悪いとき。
我が子ながら、子どもに対する敵対心を持って、妻の愛情を自分の方へ向けたい
という思いで妻の愛情を取り合うために競争し闘い、結果的に子どもに勝てないと
感じたときに、そのような拗ねた態度になることが多いです。

 

前回の数記事を読んでくださった方ならピンときている方もおられるかと
思いますが、子どもが異性の親に向けているエディプスコンプレックス。
母親の愛情を独占したいが、父親の存在が邪魔になり劣等感と敵視をもつ
という状態。あの状態が、 ではなく の逆パターンが起きている
考えられています。

 

ただでさえ大変な育児中。夫の機嫌を直すためにあれこれ手を焼くのも億劫に感じる
かもしれません。しかし、少しの工夫で、夫の子どもに対する嫉妬心が薄らぐことも
あるのです。
この続きは次回の記事で書きたいと思います。次回は明日更新予定です。
子どもとの関わりのご相談について

 

 

▼よろしければ、クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ