こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

近年増加している占い依存

最近主流になってきているのは電話占いというもので、ここ数年間で
急増しているコンテンツです。

 

従来の占いは、占い館で占い師に占ってもらいに行くため、まず大前提として
占い館の営業時間内であることと、その営業時間内に占いへ出掛けられるように
自分の予定を調整しなければなりませんでした。
しかし電話占いは、そういった占いとは異なり、占い師に占いをしてもらうまでに
必要だった、時間や予定の調整というものが不必要に等しくなっているのです。

電話占いは、早朝から受け付けているところがほとんどで、日中はもちろん、
深夜帯、そして朝方の4時~5時頃まで相談が可能です。

 

こうした電話占いの普及によって、これまでの占い館での占いでは難しかった
占いを利用するまでのハードルが格段に下がりました。

たとえば、朝仕事に行くまでの時間仕事のお昼休憩など、そんな少しの
空き時間にでも、悩んで不安になったとき、時間や場所を選ばずに
いつでもどこでも占いに救いを求められてしまう。ある種、便利な環境が
整ってしまっていることが、占い依存の増加に繋がっているといえます。

 

このように、お金をかけて占ってもらうまでに必要だった行程が
極端に少なくなっている昨今、電話一本で占いをしてもらえる電話占いを
常習的に利用する人がどんどん増え続けています。
カウンセリングに来られている方にも、占い依存の方は少なくありません。
特に、恋愛依存症の方に多いように感じています。
どうにもこうにもいかない現状、そのモヤモヤに耐えられず、
とりあえず「今気になること」への答えが欲しくて、すぐに占いに
すがりたくなるという心理。

これは、他の様々な依存症と通じるものがあります。

受け入れがたい現実を受け入れる力が乏しく、一時的な安堵感や
不安からの開放感を得るために依存対象に依存し続けるのです。

 

 

今回は内容が長くなるので、記事を2つにわけます。
続きはこちらです。占い依存による借金などについて書いています。

 

占い依存、電話占い依存のご相談について

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ