こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

前回の記事「いつかやめられることを待っている依存症」の続きです。

変化を起こすためには行動するしかありませんが、依存症の方に多い
自分が具体的に変わる努力をすることに躊躇して、状況が変化するのを
待ってしまうという傾向についてお話をしました。

今回は、受け身で状況の変化を待って自分の行動が止まればいいのにと
仰る方がよく口にする「自分の意思に反してギャンブルに行ってしまう」
「気が付いたらギャンブルをしてしまっている」という考え方について
私が感じることを書いてみたいと思います。

 

本当にためらうべき瞬間に葛藤していない

これまでたくさんのギャンブル依存症のカウンセリングをさせて頂いてきて、
何度もやめようと思いはしたが、知らない内にまたするようになってしまって
いたというような話は沢山伺ってきました。そして首をかしげて絶望したような
お顔をされ、解決方法がないというようにうなだれる…という流れもよくあります。
私は、どうして不思議そうに、また難しそうに「行ってしまうんですよね…」と
言う人が多いのかを何度も考えて来ました。

もちろん理由としてはいくつかあると思うのですが、私が特に「まずこれだけは確実」
だと感じたことがあります。それは、足が向きかけたときや行きたくなって
しまったその瞬間に、悩むことができていないからではないかというものです。

多くの人は、ギャンブルに行っていない時間に悩むことは当然にできています。
例えば、お店を出てから…、夜寝る時、仕事中、カウンセリングを受けている
時間などは、悩んで考えてと出来ている時間でしょう。

それに対して、今まさに自分が行きそうになっているその瞬間にはどうか。
本来はその瞬間にこそ悩むべきであり、まさに行きかけているそのときに
自分の状態に気が付いてためらう葛藤の時間をもつことが重要になるのですが、
カウンセリングをしていますと、その肝心なところで悩むという行程を
飛ばしている方が非常に多いという実情を痛感します。

 

思考力を働かせて現実への対処方法を探すことが「悩む」

臨床では、気が付いたらやってしまっているという言い方をする人のほとんどが、
本来発揮して欲しい場面で、ためらう・悩むということをしていないという
ことが明らかになっていきます。

これには、依存症の人たちが葛藤を持ち続けることが苦手であるという特徴
関係していると考えています。本当に葛藤しないといけない “ 悩むべき瞬間 ” に
すぐに葛藤を手放してしまうという癖があるのが依存症で、持ち続けたくない
葛藤を手放す際に必須になるのが、見つけてきたある欲求を満たすという行動
なのです。
ですから、向き合うべき葛藤から逃げているうちは依存症は改善しません。
反対に考えてもらうと、向き合うべき葛藤を本当の意味で解決させたり
ある程度のかたになるまで整理するなどが出来るようになれば、欲求を満たして
一時的な葛藤の手放しに依存しなくて済むようになります。すると、改善に
向かっていくということに繋がるのです。

これを知らず、今のまま、「このタイミングでしっかりと悩むべき」というときに
思考力を働かせずに、流れるように欲求のまま行動してしまっていると、
依存症的な考え方も行動も当然止まりません。ですから、同じことを繰り返してしまう
ことになるのだと知ってもらいたいと思います。

 

 

ですから、ギャンブル依存症改善のカウンセリングは、ギャンブルを
やめられるようになる行動を止めることだけを目的に通っていただく
のではいけないのです。
行動を止めることはもちろん大前提ですが、適切な箇所で悩む力を
使えることを同時に培っていただきたいと思って、私はカウンセリングに
臨んでいます。

もし心当たりのあることを書いていると感じられた方は、「いつか」を
待つのをやめて、「いつか」をつくる意識をもってもらいたいと思います。

カウンセリングをご検討の際は、いつでもご予約をお申し込みください。
AXIAとしても、私蔵野としても、ギャンブル依存症のついての実績は豊富です。
どうぞ安心してご相談ください。お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ