こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

今回は、ギャンブル依存症だった人がギャンブルをやめられるまで①の最後に、書きますと
お伝えしていた 改善した人たちはカウンセリングを受けてどうなっているのか
についてお話しします。

 

前回一回分は、季節の変わり目なのでみなさんへの挨拶の記事が挟まりましたが、
それまでの記事で、ギャンブル依存症だった人がどのような経過をたどって
ギャンブルをやらなくなっていったのかを書いてきました。
そこでは、ギャンブルをやめることができた人たちが、ギャンブルをしていた時間が
空くことで、ひとりの空き時間をうまく使えなくなっていることに気が付く人が多い
というお話をしました。

 

ギャンブル依存症だった人がご相談に来こられてから、ギャンブルをしないように
なるまでにかかる人それぞれですが、本当にどうにかしたいと思っている人に
関しては、カウンセリングに来て、自分の状態や依存とは何かについて
深く腑に落ちた人たちは、2回目来られたときにはもうギャンブルに行かないで
過ごすということに成功しておられたりします。

ギャンブル依存症の人で、ギャンブルやめられるまでに期間がそう必要なく
はやい人ははやいのです。
ただ、依存症は、一時的に行動を封印できたとしてもそれは改善とは呼べず、
一度でも行動を戻すとたちまち依存状態に戻るため、一生、行動を封印することを
続けていく必要があります。そういった意味で、経過としては順調だと判断は
しますが、以降も継続が大切になります。

 

ギャンブルに行かないで過ごせるようになってきたときに、最初の方にお話しした、
その分の空いた時間の使い方が、課題として浮き上がることが大半です。
新しい習慣付けとして、時間の使い方を考えていかなくてはいけないという段階に
なったとき、新たな視点を持てることが多いです。

空いた時間。それをよく考えてみると、
本来なら…
もっと前から仕事に使える時間がこんなにあった
もっとはやく家に帰ることが出来ていた
もっと勉強に割く時間があった
もっと体を休ませる時間とれた
…など、ずっと欲しかったものや必要だったものが、自らギャンブルによって
犠牲にしていたということに気が付かれる方が多いです。

完治という状態がないギャンブル依存症では、一生ギャンブルをという行動を
封印していき、将来振り返った時に「あぁ、ギャンブルをせずに過ごせてきたな」
となる。
これを「改善」と呼べる、というものですから、あくまでもギャンブルをやめられて
からも、それはまだ改善の過程なのです。

 

しかし、やめることができて、日常的にやっていたギャンブルをしなくなったとき、
さきほど述べたような、本来その時間があればできたことに気が付きます。
同時に、ギャンブルをすることによって、本来向き合わなければならない
ギャンブル以外の問題から逃避していたことにもハッと気が付く人も多く、
ギャンブルをやめられたその次には、自分が目を向けるべき問題が見つかったと
仰います。

5年や10年。それだけの期間、ギャンブルに依存してきた人たちが
ギャンブルをやめて時間を持てたとき。その時間の使い方を模索する中で
本来もっとはやくから目を向ける必要があった問題があったことに気付いて
おられます。

現在は、ギャンブル依存症の相談として来られていた方々も、次第に
ギャンブルはしなくなっているため、今は仕事や家庭、健康面や性格的な
課題に向き合う大切さを感じると仰るようになっていて、ギャンブルへは
全く行くことはないもののカウンセリングの利用を継続されています。
そのカウンセリングの時間を定期的にもつことが習慣になっていて、
自身を振り返るためのよい時間になっているのだと話してくださっています。

 

当初はギャンブルをやめられたらゴール、という考えでご相談に来始めた方が
ほとんどです。しかしこうして改善がすすむにつれて、避けては通れないのに
逃げる場所があったからこそ向き合ってこなかったという問題に直面することに
なります。
「ギャンブルに依存していた頃は、向き合わずに楽な方へ逃げていたはずだが、
今回は一度きちんと自分との対話もして、向き合うことをやってみます」、と
いう風に、物事への姿勢、考え方が変わってきた方が多いなという印象があります。

 

ギャンブルをやめることができた人たちは、もちろん努力されて今があります。
その結果、行動をとめるだけでなくそれ以外にも大事なことに目を向けることが
大事だと思えるようになったと話される方が多いです。

 

 
 

ギャンブル依存症のご相談について

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ