こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

寒い日が続いていますが、日差しが春っぽく感じる日も
ちらほらと出てきたように思います。
寒いのが苦手な私としては、暖かくなる日が待ち遠しいです。

カウンセリングには、繁忙期というものがあるような無いような…
決まってこの時期が忙しいとはっきりした傾向はあまりないように
思いますが、3月頃はいつもご予約がそこまで多くないということ
だけは、なんとなく体感としてあります。

会社員さんだ決算の時期だったり、公務員さんの場合は(部署にも
よるでしょうが…)年度末ということと人が入れ替わる前であること
などが関係して、3月は特に忙しくなるようです。

カウンセリングには、学生さんや主婦の方、会社員の方や自営業の方、
公務員、医師、看護師など様々な職種、様々な年齢層の方がご相談に
こられます。これから進級や人事異動、就職、転職などで環境が
がらりと新しくなることを控え、期待よりも不安に押しつぶされそうに
なっている方も多いかもしれませんね。

 

あるとき、緊張は集中力を生み、不安は準備する力を生んでくれる
と、メンタリストのDaiGoさんが仰っていました。
その言葉に「確かにそうだな~」と、大変納得したのを覚えています。

緊張も不安も、それらの感情が発生することは自分自身にとって
どのように役立たせ方があるのかを知る。すると、不安と緊張を
最大限に活かせば、パフォーマンスを上げることに繋げることが
できます。

私はスポーツのメンタルトレーニングを担当してはいませんが、
おそらくスポーツ選手のメンタルトレーニング・スポーツコーチングでは、
こういった緊張感を集中力に変えるなどの、トレーニングをするのでしょう。
プレッシャーにのまれて本領を発揮できなくなるのは、スポーツ選手に限った
ことではなく、学生も社会人でもそういった場面に直面する機会はどこにでも
あります。先程述べたような、これからの時期、新たな環境を迎える皆さんも
そうですよね。

緊張や不安を感じないようにすることを目指すのではなく、自分の中で
生まれるそれらの感情が自分にもたらしてくれるメリットを知りましょう。
プレッシャーにのまれて抜け出せないといういつものパターンから、少しは
緊張と不安の対象に臨む際の精神状態が落ち着きやすくなるのではないかと
思います。
ただ、緊張感が消えない、不安で怖いという感情は残るというのも自然なこと
ですから、まずは、不安と緊張も自分にとって悪い面ばかりではないんだと
知ってもらえるだけでも意味はあるのではないでしょうか。

自分の力を十分に発揮するために上手く利用してやろう!…という認識が
癖づいていくと、ドキドキして仕方ない状況下に置かれても、自分の対処能力を
信じられて、緊張と不安を抱えながらもその中で精一杯の力で臨めるように
なるだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ