認知心理学の特徴

認知心理学は、1960年前後に起きた認知革命の中で、計算機科学、情報科学、言語学
などの影響を生まれて誕生しました。
認知心理学は、人間の認知活動について脳の情報処理や心理学的な認知過程に焦点を当て
研究する学問です。

ちなみに認知とは、人間が自分の外界環境にあるものを知覚した上で、それが何なのか
ということを判断、解釈する心理的活動です。
例えば、透明のコップに入った液体を見た時に、これは水なのか、お酒なのかと考えて
結論を出すというようなことです。

認知心理学の活用

認知心理学は、人間の高次認知機能を研究対象としている。
高次認知機能とは、知覚・理解・記憶・思考・学習・推論・問題解決という人間の
認知活動とそこから広がる脳の活動のことです。

私たちは、無意識のうちに仕事や人間関係、スポーツなどの問題解決や目的達成の
ために高次認知機能を使っています。
そして、その活動の流れに歪みが少ない人ほど、現状に対して理に適った効率的な
行動を取ることができています。

最後に

認知心理学は、人間が行動を起こす前にどのような心理的活動と過程を経ているか
を理解するのに役立つ学問であり、その過程のどこを見直すことで自分の行動を
より良いものにできるのかを考えるヒントになると思います。

カウンセリングでも、高次認知機能がその人の中でどのように働いているのかに
焦点を当てて話を聴くと、問題が生まれている理由を知ることが出来たり、問題を
解決するポイントが見えてきます。