貧困妄想がある人はギャンブルに依存しやすい

ギャンブル依存症の方のカウンセリングをしているとよく聞く言葉があります。

「お金がないからカウンセリングを受けることが難しい」

この言葉は、ギャンブルでお金を使ってしまったからお金がないという事実以上に、
もともといくらお金があってもお金が足りないように感じてしまう心理的な特徴から
発せられている言葉であることが多いのです。

ギャンブル依存症の人は、カウンセリングにかかる費用とは比べ物にならないくらい
の金額をギャンブルに使っているので、ギャンブルを止めていればカウンセリング代
を捻出することは難しくない人が多いで、上記のような発言には頭をかしげたくなり
ます。

お金はあるのに『お金がない』と感じる貧困妄想

カウンセリングを受け始める数日前までギャンブルにお金を使っていた人が、自分は
お金を持っていないという言うのです。
毎月の給料のほとんどをギャンブルに使ってしまい、奥さんの給料で生活をしている
状態の人の場合、ギャンブルにお金をつぎ込んでも当面の生活はできるほど収入はある
のですが、本人はお金がないと感じています。

お金を持っているのに『お金がない』と本当に不安になってしまうことを貧困妄想
言います。
貧困妄想の人は、自分の収入がいくらであってもお金が足りていないという妄想が
浮かんでくるという特徴を持っています。

ギャンブル依存症の人の話を聴いていると、ギャンブルにはまっていった背景にも
お金がないという根拠のない不安が動機となっていて、ギャンブルに負けることに
よって不安が強化され深みにはまっていくという傾向があります。

貧困妄想はうつ病の症状の一つ

貧困妄想は、うつ病の症状の一つでもあります。
貧困妄想を抱えたギャンブル依存症の方も、うつ病の人が抱えている以下の特徴が
当てはまる人も少なくありません。

興味や喜びの喪失、自尊心の低下、思考の進みづらさ、集中力の低下などがみられ、
カウンセリングに取り組む姿勢も消極的である場合は多いです。
これらの心理的特徴は、ギャンブル依存症の改善の難しさにもつながっていると
感じています。

ちなみに上記のような特徴があるからといって必ずしもうつ病だといえるわけでは
ありません。
ただ貧困妄想は、興味や喜びの喪失、自尊心の低下、思考の進みづらさ、集中力の
低下などと関連しているものだという判断のもとカウンセリングを行っています。

貧困妄想がある人にギャンブルを止めさせるには

貧困妄想がある人がギャンブルを止めるのは容易ではありませんが、カウンセリング
を受けることで習慣を変えていくしかありません。
またギャンブルの背景にある心理的特徴を改善する必要があります。

カウンセリングの継続を援助する存在が必要

貧困妄想のあるギャンブル依存症の人は、その人がカウンセリングを継続することを
支える人の存在があることが望ましいと言えます。
なぜなら、『お金がないからカウンセリングを受けられない』と思っており、
『お金がないからギャンブルを増やさなければ』と思っていて、ギャンブルを続けて
しまうからです。

貧困妄想、興味や喜びの喪失、自尊心の低下、思考の進みづらさ、集中力の低下と
いう特徴がある人は、コツコツと努力することが現状を改善するというビジョンが
持てません。
そのためカウンセリングを受け始めても、数回で来なくなりギャンブルを再開して
しまいます。

そのため、両親や配偶者、子供など、身近な人がカウンセリングの継続を促し、
一緒についてくるなどして、ギャンブルの再発を抑える必要があります。

カウンセリングによる心へのアプローチ

貧困妄想がある人が、家族に厳しく言われて一時的にギャンブルを止めても再開して
しまうのは、ギャンブルという行動だけを止めて心理的な特徴の改善は行っていない
からです。

貧困妄想が強い人がギャンブルを止めるには、カウンセリングの中でギャンブルに
関する話よりも貧困妄想をはじめとした心理的要因に関する話をしていく必要が
あります。
家族だけでは、その部分のアプローチを行うことは難しいため、ギャンブルという
行動を止めているうちにカウンセリングによる心理的要因の改善を目指すのです。

貧困妄想を抱えたギャンブル依存症の方は多いので、ご家族で改善に取り組んで
頂ければと思っております。

こんな記事も読まれています

ギャンブル依存症のカウンセリング|大阪のAXIA