ギャンブル依存症は人生をダメにする

世の中でギャンブルをしている人はたくさんいますが、自分の生活が困らない範囲で使用
するお金をコントロールしたり、ギャンブルをする時間をコントロールできている場合は、
1つの娯楽として楽しめばいいのですが、人生を狂わすほどのめり込む人がいます。
いわゆるギャンブル依存症と言われる人たちです。

ギャンブル依存症の人は、ギャンブルを続けることでこれからどんな問題が生じるのかと
いうことを全く予想できていないわけではないと感じますが、そこから目を逸らして
ギャンブルを続けています。

この記事は、少しでもギャンブルを止めなければならないと思い記事を見てくださった方
やギャンブル依存症の人のご家族のために、耳の痛い情報だとは思いますがギャンブル
依存症の人の末路をいくつか紹介したいと思います。

ギャンブルによって自己破産した人

ある程度に給料を得ることができていて、建設的なお金の使い方を出来れば安定した
生活が出来ていた人でも、ギャンブルにお金をつぎ込みすぎた結果、自己破産をする
ことになってしまいます。

『お金はどうにかなる』という思い込みを持ち、家族からもうお金はないと教えられて
いても、まだお金はあるはずだという都合の良い思い込みをしてギャンブルを続ける人
は自己破産をしてやっとお金がないことを自覚するのです。

ギャンブルをするためにお金を盗んで逮捕される人

ギャンブルが止められない人は、お金が無くなると身近な人のお金を盗るようになる場合
はありますが、それが悪化して自分が勤める会社のお金を横領したり、同僚の財布から
お金を盗むようになる場合があります。

ギャンブルを止めるためにカウンセリングを受けに来る人の中にも、警察に逮捕された後、
職場でお金を盗んでいることが発覚した後だという人もおられます。

ギャンブルが止められずに離婚する人

家族がギャンブルを止めることに協力してくれているにもかかわらず、止めることが
できない人、一時的に止めても再開するということを繰り返している人は、家族から
離婚を言い渡される可能性があります。

夫や妻がギャンブルを止めなくても、離婚をするという決断をするのは簡単ではありま
せんが、心を落ち着けて冷静になって考えるとギャンブルを止めることができない人と
一緒にいるよりは、離婚をした方が自分や子供の生活は安全だということは容易に理解
ができます。

それほどギャンブルを続けることで生まれる弊害は明らなのですが、ギャンブル依存症
の当事者は、そのことを否認して家族からも離婚されるかも知れないという可能性から
も目を背けていることが多いです。

ギャンブルが止められない人が離婚をすると、自己破産や窃盗に走る可能性も高くなる
ので、離婚を告げられる前にギャンブルを止めて欲しいと思います。

ギャンブルによる後悔と自責の念で自殺をする人

ギャンブルを止めることができないこと、ギャンブルによって膨れ上がった借金を前に
後悔し、自責の念にかられ、自暴自棄になり自殺を選んでしまう人がおられます。

自殺をしようとしてしまうケースは、実際に自殺をするほど状況が切迫しているかと
いうことよりも、後悔や自責の念によって冷静な判断を失っていることが多いので、
ギャンブルが止められずに悩んでいること、借金が増えていることを家族に正直に伝え
て欲しいと思います。

話すことによって自己破産、離婚という選択を取らざるを得なくなる場合もありますが、
生きていることで人生を立て直すチャンスがあります。
ギャンブル依存症は、マイナスを生んでいるギャンブルという行為を止めるだけで働き
さえすればお金が残るようになるので、やり直せる可能性は十分にあるのです。

ギャンブル依存症から人生はやり直せる

ギャンブルをしているということは、本来は発生しない支出をしているということです。
ギャンブル依存症を止めることが難しいため、この支出を止めることが難しいのですが、
ギャンブルさえやめれば人生をやり直すための資金は生み出すことができます。

この点はとても重要なポイントなのです。
ギャンブルをしている人は、ギャンブルをしている時は都合の良い思い込みをしてお金
を使い続けますが、一度自暴自棄になると人生を立て直すことができる可能性も否定
してしまい間違った選択をしてしまう傾向があります。

ギャンブル依存症の人がカウンセリングを受ける意味は、ギャンブルを止めるための
心理的成長を促進するだけでなく、現状をしっかりと把握するということも含まれます。
気持ちだけでギャンブルを止めようとしても失敗することが多いのですが、カウンセラー
に相談することで、計画的にギャンブルを止めるための取り組みを行うことができます。

今この瞬間からギャンブルを止めるための選択をしていくことが、悲惨な末路を回避
するための条件です。
生活の中でのギャンブルに行くという選択を、カウンセリングに行くという選択に変え、
ギャンブル依存症を克服していきましょう。

こんな記事も読まれています

ギャンブル依存症のカウンセリング|大阪のAXIA