全国各地から寄せられる性犯罪加害者からの相談

毎年、9月から11月くらいにかけて性犯罪加害者から、性嗜癖行動を改善したい
というカウンセリングの依頼が増えます。
夏場に犯罪が増える傾向があり、夏場に逮捕され起訴、不起訴などの処分が出たり、
処分を待っている方が9月くらいからカウンセリングに通い始めるためです。

AXIAには、大阪だけでなく、全国各地から性犯罪を止めたいということで相談
が寄せられています。
そのため、予約が取れないということもありますが、その場合は信頼できるカウン
セリングルームを紹介させて頂きますので、性犯罪を止めたい、家族に性犯罪を
した人がいるという場合は、一度ご連絡を下さい

私は、他のカウンセラーにも協力をして頂きながら、世の中から性犯罪を無くす
ためにカウンセリングに取り組んできましたが、それは性犯罪をした人が過ちを
繰り返さずに生活するためにはカウンセリングが有効であると感じているから
です。
今回は、性犯罪の加害者がカウンセリングを受けた方が良い理由について説明
したいと思います。

カウンセリングで性犯罪を選択しない習慣をつくる

性犯罪が起きるのは、性嗜癖を犯罪という形で行動に移してしまうからです。
自分の性欲を刺激して、興奮を体験するという手段が性犯罪行為として習慣化
しているため、性犯罪を繰り返してしまうようになるのです。

加害者側から見た性犯罪の問題点は、止めようと思っても自分の意思だけでは
止め続けることができない、一度家族に知られたり、逮捕されても再発して
しまうという点です。

性犯罪を止めるためには、性犯罪が起きるメカニズムを考慮して止める取り組む
必要があります。
性嗜癖が身に付くというのは、人間の脳のメカニズムやストレスと男性の性欲
の関係が影響しているため、性嗜癖を止めるための相談は、専門的な知識と改善
プランを持ったカウンセラーに相談して、性犯罪をしないことを習慣化していく
必要があるのです。

性犯罪はカウンセリングで止めることができるのか?

私は、2019年の段階で何百人もの性犯罪加害者のカウンセリングを行って
きた経験があり、その経験をもとに、真摯にカウンセリングに取り組む方は
再犯をしない生活を手に入れることができる
ということが言えます。
それは、カウンセリングを受けることによって自分の性嗜癖に気づき、犯罪
という形で性嗜癖が表れないように自分をコントロールできるようになる
取り組みを行っていくからです。

自分自身のため、社会のためにも性犯罪を止めるためにカウンセリングを受けて
頂きたいと思っています。

反省と後悔だけでは性犯罪は止められない

性犯罪は、起訴されても罰金、懲役となっても数年という罰則になることが多く、
罰を受けたにもかかわらず再犯をする人が多いため、法律という抑止力だけで性犯罪
が少なくなっていくことは難しいというのが現状です。
性犯罪の再犯を繰り返した人の話を聴いていると、時間が経つごとに反省と後悔は
弱まり、衝動を抑えてくれるブレーキににはならなくなってしまいます。

そのため、加害者自身が、自分の意思の持続と生活習慣の確立によって性犯罪を
しないように努めて行くことが必要です。
しかし、自分の意思だけで改善の取り組みを継続しようとしても、そもそも改善とは
何かというところから、定義を間違っている人が多いため中途半端な取り組みに終わる
ことが多いのです。

性犯罪を抑止するためのカウンセリングに取り組んできたカウンセラーなら、再犯
をする人の特徴や再犯に至る経緯についても情報を持っているので、気持ちだけで
性犯罪を止めるということではなく、正しい情報を得て性犯罪をしない理由を自分
の中で強くしてもらうように促していきます。

 

本気で改善したいならカウンセリングへ

カウンセリングを受けるということは、性犯罪加害者の話を何度も聴いて、改善の経過
を見てきたことがあるカウンセラーに改善までの道のりをサポートしてもらうという
ことです。

性犯罪加害者は、自分をしっかりとコントロールできるようにカウンセリングを受けて
頂きたいと思います。
加害者も、罪を犯した事実を抱えた上で生活を送っていかなければなりません。
その事実に気持ちが負けて自暴自棄にならないよう、自分の生活を立ち直らせるため
にもカウンセリングは大切な取り組みです。

 

カウンセリングの対象となる性犯罪

カウンセリングの対象となる主な性犯罪は、盗撮、痴漢、露出、強姦です。
その他にも犯罪は行っていないけど、特殊な性癖があって困っているという方の相談
も受けてけています。
性犯罪をしている人も、特殊性癖がある人も自分の性嗜癖に悩んでいることも多い
ので、相談ができるところがあるということが救いになり、カウンセリングを受けて
いく中で行動化しなくてもよくなっていくということもあります。

相談件数は、多い順に盗撮、痴漢、露出、強姦となります。
更にカウンセリングをしっかりと継続する人の割合も同じ順番です。
継続率が少ない犯罪ほど、自分の否を心の底で認めていない傾向があるため本気
で改善しようという気持ちが弱いのです。

性犯罪と一言で言っても、犯罪の内容によって心理的な特徴にも違いがあり、
その違いを踏まえてカウンセリングが行えるのも何百人もの相談を受けてきた
実績があってこそだと思っております。

本気で性犯罪を止めたいということであれば、AXIAにご相談下さい。
予約数が多く対応できない場合は、信頼できるカウンセラーを紹介させて頂き
ますので、安心してご連絡下さい。

性犯罪に関する主なコンテンツ

性犯罪の抑止を支援するカウンセリング|大阪のAXIA

性犯罪を止め続けるための意識づけをサポートするプログラム

性犯罪を抑止するためのWEBプログラム

 

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ