結婚したら始まった姑からの干渉

カウンセリングには、姑との関係で悩んでいる方も相談に来られます。
嫁と姑の関係は、双方にとって悩みになる人間関係です。
姑に対する嫁の悩みの多くは、姑からの干渉です。

今どきの言葉で言うと、「うざい」という思いがあるけど、はっきりと干渉を止めて
欲しいと言えずに悩んでいる人は少なくありません。

嫁に対する干渉もあれば、夫に対する干渉もあり、プライバシーが守られない、
尊厳を大切にしてもらえないという苦しい結婚生活に悩んでいる方もいるのです。

嫁が戸惑う姑からの干渉の内容

姑からの干渉は、下記のようなものがあります。

    • 「そろそろ子供でも作って」と干渉してプレッシャーを掛けてくる。
    • 家事のやり方に口を出し、勝手に掃除や洗濯のやり直しをはじめる。
    • 料理が息子の口に合わないと、夫の分の食事を作って持ってくる。
    • 子育ての方針や子供の保育園や学校、習い事のことまで口を出してくる。
    • 結婚してからも夫の服は姑が買ってくる。
    • 連絡もなしに家に来るし、時には泊っていこうとする。
    • 家に来た時に勝手に冷蔵庫を開けたり、夫婦の寝室に入る。

 

これらは姑から嫁や夫への干渉のほんの一部です。
中には実家に戻ることさえも禁止された人もおられるほど、自分の子供やその嫁に
対して過剰な干渉をしてくる親がいるようです。

子離れができていない姑は干渉が強い

干渉が強い姑は、自分の息子からの子離れができていません。
心理的には、自分と息子という人間関係に境界線がない状態で、息子は一人の独立
した大人であること、親とは違う価値観や興味、関心があるということを理解する
ことができない、認めることができないという状態です。
そのため、その息子が結婚した相手との境界線を持つこともできず、過剰な干渉を
してくるのです。

息子との関係に境界線がないということは、人間関係の距離感や配慮というものが
ありません。
自分の干渉を正当化してどんどん距離を縮めてきます。
夫に注意をしてもらっても自分の行いを正当化して干渉を続けるという姑もいます。

本来、息子との境界線は、子育ての家庭で強くしていく必要があるのですが、息子
が小さいころから過保護、過干渉に育ててきた場合や夫との関係が悪くて子供の
成長だけが楽しみになっていた母子間の境界線を獲得しないままになってしまう
ことがあるのです。

 

干渉してくる姑への対処法

息子との境界線がない姑には、話をして若手もらうということが簡単ではあり
ません。
なぜなら、息子の考えや要望を一人に人間として尊重する感覚がないからです。
話をして適度な距離を保ってほしいということを伝えても「一切関わるな」と
言われたというように極端な受け取り方をする場合もあります。

そのため、夫に嫁として干渉を受けていることの辛さを理解をしてもらい
自分たちから姑と距離をとるしかないのです。

ただ、場合によっては夫に自分の辛さを理解してもらえない場合もあります。
また理解はしてくれても親との関係を悪くしたくないということで、親には
何も言えない男性もいます。

カウンセリングで夫婦の話し合いをサポート

姑から受けている干渉の辛さ、姑と距離をとりたいという要望を夫に理解
してもらえないという方はカウンセリングをご利用下さい。
夫婦の会話がスムーズに進むようにサポートさせて頂きます。

カウンセリングをご利用になられている方は、一人でカウンセリングを受けて
夫への思いの伝え方を聴きに来られている場合や夫婦で一緒にカウンセリング
を受けて、その場で大切な話をして変えられる方もおられます。

姑に関する悩みも曖昧にせずに話し合うことが夫婦の信頼関係を作ることに
つながります。
夫婦関係は、これからも続く関係性なので姑のことで悩みを抱えているなら
しっかりと話し合っておくことが大切です。

カウンセラーは、さまざまな家族の問題に関する相談を受けているので安心
してご相談下さい。

 

こんな記事も読まれています

 

 

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約|大阪のAXIA

カウンセリングは大阪のAXIAへ