乗り物が怖いという悩みは誰に相談すればいいのか?

突然襲ったパニック発作がきっかけ

ある日、電車に乗っていると突然息が苦しくなった、動機が激しくなった、汗が
異常に出はじめた、トイレにいきたくなった、他人の目が異常に気になり始めたなど、
突発的に起こるさまざまな心や体の反応が原因で、また電車に乗ると同じ事が起きる
のではないかと思うので、電車に乗ることが怖くなってしまった方は決して少なく
ありません。

カウンセリングでは、そういった相談に来られる方がおられて、なかなか改善でき
なくて困っているという話をお聴きします。

電車に乗れなくて困っている方は、はじめからのれなかったわけではないので非常
に不自由な思いをしておられると思います。
出来れば改善したいと思っておられると思いますが、本当に良くなるのだろうかと
いう不安が、余計に改善を妨げてしまっているということもよくあります。

 

疲労度が高い時にパニックが起こる

本来は、電車に乗ることで、突然息が苦しくなる、動機が激しくなる、汗が異常
に出るということは想定していませんが、疲労が溜まっていると自律神経の働きが
乱れやすいため電車に乗っていて、満員で不快感を感じたり、仕事のことで悩ん
だりしていると呼吸や動機、発汗に異常が現れやすいのです。

電車に乗れなくて困っているという方は、最初に電車に乗っていて怖いと思った
時のことを思い出していただくと、疲労度が高かったのではないかと思います。

 

パニック障害

電車に乗れないという悩みを抱えていて、それが何らかの症状によるものの場合、
その症状が電車というきっかけで生じるならそれはパニック障害だと言っても
いいかと思います。

これは心の病の一つなのですが、決して改善できないというものではありません。
カウンセリングでは、その人のとってのパニック障害の改善ポイントを明らか
にしつつ、パニック発作を誘発する不安を軽減するように話を聴かせて頂きます。

病院に行って薬をもらって飲んでいるのに治らない

電車に乗れなくて困っているから、病院に通っているけどあまり改善が見られない
という方もおられます。
パニック障害は、薬が全く必要ないというものではありませんが、薬の効果は
個人差がありますし、薬が効いたとしてもそれで治ったというわけではありません。
薬で症状をコントロールしつつ生活することは一つの対処法ですが、コントロール
できているうちに、心理的な面からも電車に乗れるよう対策をしていくことが望ま
しいのです。

病院でもらった薬が効かないという方はなおさらです。
精神医学の知識を持っているカウンセラーなら、病院に行っていることも飲んで
いる薬が何かも考慮しつつ話を聴いてもらえますので、病院に通っている方も
カウンセリングを受ける方がいいと思います。

 

電車に乗れるようになった!

電車に乗れれるようになったという方は、決していきなりのれるようになるわけ
ではなく、多少の怖さも持ちながら、電車に乗るチャレンジをしていくうちに
慣れてくるということが多いです。
しかし、自分だけでショック療法的に電車に乗ろうとする必要はありません。

カウンセリングでは、お話をお聴きしながら電車にチャレンジするタイミング
も考慮してお話をお聴きします。
カウンセラーは、どのように電車に乗れない方が乗れるようになるかという事例
をたくさん知っていますし、人が一般的に電車に乗れなくなる本当の経緯に
ついても知っています。

そういう基礎的な知識を持った人にサポートしてもらいながら、一緒に電車に
乗れるよう取り組まれることが安全であり近道です。
「電車に乗れるようになった」という日がくるようにカウンセラーがサポート
させていただきます。

カウンセリングの事例紹介

カウンセリングの方法と料金

 

カウンセリングで対応している相談内容一覧


カウンセリングの予約