生きることが辛いと感じる理由

世の中には、理由はわからないけど、生きることが辛いという感覚を抱えて生活をしている方がおられます。
その中には、負の感情が強くて人間関係や仕事も上手くいかないと生活に支障が出ている人もいれば、一見何の問題ないように生活しているけど心には生きることへの辛さを抱えているという人もいます。

カウンセリングの中で話を聴いていると、生きることの辛さのを抱えている背景には、アダルトチルドレンという問題があるというケースが少なくありません。
自分が抱えている心の問題の理由がわかることで、その問題に対処できると感じて人生が変わるということもあります。

自分の生きづらさの理由を知ることで、気持ちが楽になったり、自分の心への対処方法が分かるようになる人がいればと思いこの記事を書いています。

生きづらさという心のサイン

アダルトチルドレンとは、過去の養育者との関係の中で満たされないままの感情があり、その感情のコントロールが上手くできていないために生活の中でさまざまな問題につながっている状態のことを言います。

例えば、心が安定にしにくい、些細なことで感情的になってしまう、人の役に立つことをしていないと自分の価値がないと感じる、自分に自信が持てない、漠然とした生きづらさを持っている、などです。
生きづらさは、自分が抱えている心の特徴の偏りが生活に支障をきたしているというサインでもあるのです。

アダルトチルドレンだと自覚することは難しい

カウンセリングで対応する相談の多くは、幼少期からの親子関係は影響していて、それを自覚している人も自覚していない人もおられます。
ただ、どちらかと言えばアダルトチルドレンという問題を抱えているなと感じる方の多くは、それを自覚していない傾向が強いように思います。

なぜ自分がアダルトチルドレンであることを自覚するのが難しいかというと、アダルトチルドレンにはいくつかのタイプがあり、いずれかの性格傾向を無自覚のうちに身につけながら成長してきたため、自分の持っている思考や行動のパターンがアダルトチルドレンに該当する偏ったものであると意識できていないからだと感じます。

機能不全家族とで育った人にとっては、その家庭での生活が当たり前の日常であり、その中で身についた性格傾向で生きてきたので、どの部分がアダルトチルドレンにあたるか判断することは難しいと言えます。
ただ、今生活をしていて生きづらさを感じているのであればアダルトチルドレンの5つの特徴のどれかに該当するかもしれません。

もし、アダルトチルドレンとしての特徴を持っているとしたら、自分をその特徴から解放してあげてほしいと思います。
カウンセリングはその手段であり、カウンセラーがサポートします。

生きづらさが相談できるカウンセラー

生きづらいという思いは、誰かに聴いて欲しくても友達に相談するには重くて話しにくいという人は多いと思います。
話しにくさがあると同時に、上手く理解してもらえなけば自分が傷つきそうな気がするので余計に相談できないという思いもあるかもしれません。

生きづらいという思いを抱えて生活をされているなら、その思いはカウンセラーに相談して下さい。
カウンセリングに来ておられる方の中にも生きづらいということであったり、自分はアダルトチルドレンだと思うということであったり、自分が育った機能不全家族のことや現在の自分の状態について話を聴いて欲しいという方がおられると思います。

弊社に在籍しているカウンセラーは、機能不全家族で育ってアダルトチルドレンと思われる傾向を持った人の相談をたくさん受けてきた実績もあります。
カウンセラーは、抱えている生きづらさが晴れていくためのお手伝いをさせて頂きますので、安心してご相談下さい。


アダルトチルドレンの5つのタイプ

アダルトチルドレンという境遇で育った人は、スーパーチャイルド、ロストチャイルド、ケアテイカー、マスコット、スケープゴートの5つの特徴のいずれかが該当します。
それぞれ特徴に違いはあるのですが、どのタイプになるかは根本的な性格が関係していると考えられます。

それは、ストレスが多い環境で育つと心の防衛反応が強くなるのですが、その人が本来持っている防衛反応が強化された状態がアダルトチルドレンの特徴として表れるからです。
それぞれのタイプの中で気になるものがあるという方は、下記のリンク先のページを読んでみて下さい。

アダルトチルドレンに関するブログ記事


カウンセリングで対応している相談内容一覧

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ