プロカウンセラーとカウンセリング

誰かの相談を聴くことの難しさ

本来、誰かに話を聴いてもらうという事は、決して特別な事ではありません。
しかし、誰かに相談をしても、どこかしっくりこない、解決しそうにない、または
反対に気分を害したり、余計に落ち込んでしまったという人は少なくないと思います。

それは、決して話を聴いている人が、いい加減に聴いていたり、適当なアドバイスを
しているのではなくて、それだけ、話を聴くという事は難しい。

例えば、家族など身近な人ほど、相手に変わってほしいという気持ちが強かったり、
自分のアドバイスを聴いて欲しいという思いがあって、相手の心の状態をよく確認
せずに対応してしまいます。
また、誰もが自分の『常識』、『正しさ』を持っていて、それを通して相手の話を
評価しているので、相談をして来た相手に、なぜか責められているような気分を感じ
させてしまうことがあります。

 

カウンセラーの話の聴き方

人の話を聴き、心を受け止めるには、相手の世界観を大切にして、『無常識』で話を
評価すること、自分の聴きたいことではなくて、相手が考えるべき事を考えられる
ような質問をすることが大切です。
また、相手にどうなって欲しいという期待も押さえて話を聴いた方が良いのです。

しかし、そうやって話を聴くためには、物事を深く考える力、さまざまな観点から話を
分析できる専門的な知識、人の個性を見極める洞察力、言葉を選んで話す事が出来る力、
が必要になります。

カウンセラーとは、話を聴くという行為の中に上記のような条件を満たしていることが
求められる職業です。

カウンセリングというものの社会的役割は、心の病の人の話を聴き改善をサポートする
ことだけにとどまらず、人間関係、自分の性格や行動、仕事などで悩んでいる人、課題
を感じている人が、自分のことについて正しく考える機会を提供し、現状を変えていく
ためのサポートだと認識しています。

カウンセラーを目指す方、カウンセラーとして活動を始めて間もない方は、話を聴くと
いう誰にでもできる行為の中に、上記のような条件を満たして話を聴くことができて
いるのかという視点を自分に向けてみて下さい。

 

カウンセリングで行動が変わり、人生が変わる

人の心や行動は、悩みを誰に話すかによって大きく変わります。
大切な話ほど、安心できる場所で安心できる相手に話す事が望ましく、カウンセラー
はカウンセリングというものが、安心と安全が保障されていて、聴いてもらうことで
得るものがある、悩みが解決の方向に向かっていると感じてもらえるように努力して
いかなければならないと思っております。

話を聴くという行為は、誰にでもできることですが、カウンセラーは話を聴くという
行為を誰にでもできるわけではないレベルで行えるようになって、カウンセリングを
受けて人生が変わったという人を増やしていくことが出来てこそプロだと思います。